家電

冷蔵庫を高く売却するポイント

冷蔵庫が不要になった、新しいものに買い替えたいという場合は、リサイクルショップに買取してもらう方法がおすすめです。不用品として処分すると値が付かないことが多いですが、買取対応している会社なら値が付くことが少なくありません。重要なのは不用品として扱われるのか、それとも価値あるリサイクル品として評価してくれるかです。どこに依頼しても同じと考えてしまうと、損をするので注意してください。それではリサイクルショップに依頼するときは、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

買取に対応している会社を選ぶ

冷蔵庫を少しでも高く売却するには、買取に対応しているリサイクルショップを選びましょう。不用品回収業者の場合ですと、買取には対応していないことがあります。ただ不用品回収業者の中でも、リサイクル事業を展開しているところは買取対応してくれる場合があります。事前にメールや電話でのお問い合わせ、WEB査定などを利用してみるとよいでしょう。不用品として冷蔵庫を処分される場合は料金が発生しますが、買取してもらえればプラスになります。
出費となるか収入となるかの差は非常に大きいです。一つ言えることは年式が新しいほど買取してもらえる可能性が高いことです。

家電の買取専門店に依頼する

リサイクルショップにはそれぞれ得意分野があり、買取を強化しているモノが違います。冷蔵庫を高く買取してもらうには、家電に特化したショップを選ぶことが大切です。専門分野以外のショップに依頼をしても、正当に評価されない可能性があるのです。
査定スタッフの役割は自社に利益をもたらすことであり、当然ながら自社で販売するより安値で買取しなくてはいけません。そのため冷蔵庫の価値を正当に評価できないスタッフですと、安値で買取することになるわけです。つまり売り手側からすると損をする結果になるので、冷蔵庫を買取してもらうときは家電専門のショップか、または家電に力を入れているか、などを調べておく必要があります。

買取実績や顧客満足度などを調べる

マーケットの大きさによって、買取金額は変わってくる現実があります。売り手から積極的に買取し、自社販売をしている会社は、高値を付けてくれることが多いです。1点あたりの買取金額を高くしても、買取・販売実績が豊富にあれば自社の利益を出せるためです。逆に買取実績が少ないと、安値で買取しないと利益を出せなくなります。
こうした理由から、冷蔵庫を売却するときはリサイクルショップの買取実績を確認しておく必要があります。顧客満足度は高いかどうか、口コミや体験談で高評価されているか、地元客からの人気が高いか、などはよくチェックしておきましょう。

複数店舗で比較査定をする

日本にはリサイクルショップが無数に存在しており、同じ冷蔵庫の査定を受けた場合でも、それぞれ金額が異なります。モノの価値は需要と供給のバランスで決定する部分が大きいので、買取ショップが欲しい品物とマッチングすれば高く買取してもらえるのです。逆に買取ショップが大量の在庫を抱えている冷蔵庫だと、買取額は低くなってしまうでしょう。つまり店舗単位で重要と供給のバランスは異なりますので、複数店舗に比較査定を依頼するのが得策というわけです。とは言ってもすべてのショップに出張査定を依頼するのは気が引けるでしょう。そこで役立つのがWEB査定で、大まかな金額を知ることができます。ここでの査定額がそのまま買取額になるとは限りませんが、相場を知っておくだけで比較するときに楽になります。

不用な冷蔵庫は放置しておかないこと

モノには必ず耐用年数が存在し、放置しておくだけで価値が下がっていきます。たとえば車を購入してから、一度も乗らずに車庫に放置しておいても、数年も経過すれば半値以下の価値になることは少なくありません。これは冷蔵庫にも言えることであり、使用する予定がない不用品となっているものは早めに売却した方がいいのです。
放置する期間が長くなるほど価値は下がってしまい、買取してもらうときに不利になります。日本人は特に新しいものに価値を見出しますから、一部のプレミア品を除いて放置することで価値が上がることはありません。ほとんどの冷蔵庫は今すぐに売却することが高額買取に直結します。

まとめ

冷蔵庫はどの買取ショップに売却するかによって金額が変わります。大切なのは不用品の買取に加えて、買取をしてくれるショップを選ぶことです。家電の買取専門店に依頼すれば、高額査定が付く可能性が高くなります。信頼できる会社を選ぶためには、買取実績が豊富にあるかどうかが鍵となります。
査定を受けるときは1店舗に絞ることなく、複数店舗で受けるようにしてください。
本当の価値を知るためには、各社の相場、つまり平均を知ることが重要になります。今現在において売却を検討している冷蔵庫があるなら、早めの売却をおすすめします。モノには耐用年数や旬の時期が存在し、早めに売ることが高額査定につながるからです。