遺品整理

  1. 親の家の遺品整理と仏壇の存在をどうするかの悩みが増えている

    親の家は原則処分という子世帯が増加成長した子供は結婚するにあたって実家を出て、別に家を持つことが当たり前となりました。

    続きを読む
  2. 遺品整理での冷蔵庫処分、方法や料金の相場、買い替えのタイミングなどを知ろう

    家電製品の寿命一般的に家電製品の多くが、寿命を10年程度としています。安全に使えるのがおよそ10年という見方をしている場合もあれば、メーカーにおける修理のための部品の保管期間が、一つの製品あたりだいたい10年としていることから、10年を超えると修理ができなくなるという理由もあります。

    続きを読む
  3. 遺品整理をしていて借金が見つかったら相続はどうすべきか

    家族が亡くなったとなると、葬儀の手配はもちろん、その他にも役所への届け出や、さまざまな契約で名義人となっている場合は、名義人変更の手続きが必要になるため、ドタバタしがちです。ただ、そのドタバタの中に、不動産の名義人変更がある場合、遺産分割協議書という書類を作成する必要が生じます。

    続きを読む
  4. 遺品整理を業者に頼んだ場合の費用相場はどのくらいか?全国相場を徹底比較

    今や日本全国にたくさんの遺品整理業者が存在しますが、誠意をもって対処してくれるところもあれば、悪徳業者も存在します。そんな中からたった一か所を選び出すのはなかなか大変ですが、嫌な思いをしたり、後悔することのないようにしっかりと選ぶことが大事です。

    続きを読む
  5. 老老介護に陥る原因は親子関係の変化と密接に関係している

    平均寿命が男性、女性ともに80歳代に伸びた日本の高齢化社会は、今後10年の間に団塊の世代が全員75歳以上の後期高齢者になることから、ますます介護が必要な人が増えると予想されています。

    続きを読む
  6. 身内と離れて暮らしている人や身内がいない人は孤独死に注意を払おう

    高齢になる両親は生まれ育った実家に今も住んでいるけれど、子供である自分は結婚を機に家を出て、自分たち家族だけで暮らしているという人が圧倒的に多い今の世の中、高齢になった両親が二人で暮らしている間はまだいいですが、どちらか一人になったときに注意しなければならないのが、孤独死です。

    続きを読む
  7. 親のためにできることはしっかりした入所施設選び

    夫婦で二人暮らしをしていたけれど、配偶者が亡くなって一人では家の中を維持していくことができない老親が一人残った場合、子としてできることは親を引き取って一緒に生活するか、あるいは老人ホームという施設に入所してもらうかの二者択一となります。

    続きを読む
  8. 遺品整理で最も多い衣類はどう処分すべきか?捨てるものと捨てないものとの判断

    大量に趣味の品をコレクションしてきて、その遺品整理が一番困ったという人もたまにいますが、ほとんどの場合、誰もが最も多く持っていて遺品整理に時間がかかるのが、衣類です。春夏秋冬という四季がある日本では、季節に応じて衣類の数も増えますし、寒がりの人はコートなどの大物アウターが多くなるでしょう。

    続きを読む
  9. 豊かな人生だったと最後に思えるためにやっておくべき3つの終活事項とは

    昨今、多くの人が取り組むようになったのが、就活ならぬ終活です。就職活動を略して就活と呼ぶようになり、おなじみになったので、初めて終活という文字を目にした人は、誤植だと思ったのではないでしょうか。しかし、これは人生の終わりを迎えるために、自ら行う終わりのときのための活動という意味での終活です。

    続きを読む
  10. 将来誰も住まなくなる可能性の高い家に関してできる生前整理

    夫が亡くなった妻が、そのまま夫名義の家や土地のままで暮らしているということはよくあります。家に関して言えば、名義人が亡くなっていても、名義はそのままにして暮らし続けていくことが可能だからです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る