遺品整理

  1. 老老介護に陥る原因は親子関係の変化と密接に関係している

    平均寿命が男性、女性ともに80歳代に伸びた日本の高齢化社会は、今後10年の間に団塊の世代が全員75歳以上の後期高齢者になることから、ますます介護が必要な人が増えると予想されています。

    続きを読む
  2. 身内と離れて暮らしている人や身内がいない人は孤独死に注意を払おう

    高齢になる両親は生まれ育った実家に今も住んでいるけれど、子供である自分は結婚を機に家を出て、自分たち家族だけで暮らしているという人が圧倒的に多い今の世の中、高齢になった両親が二人で暮らしている間はまだいいですが、どちらか一人になったときに注意しなければならないのが、孤独死です。

    続きを読む
  3. 親のためにできることはしっかりした入所施設選び

    夫婦で二人暮らしをしていたけれど、配偶者が亡くなって一人では家の中を維持していくことができない老親が一人残った場合、子としてできることは親を引き取って一緒に生活するか、あるいは老人ホームという施設に入所してもらうかの二者択一となります。

    続きを読む
  4. 遺品整理で最も多い衣類はどう処分すべきか?捨てるものと捨てないものとの判断

    大量に趣味の品をコレクションしてきて、その遺品整理が一番困ったという人もたまにいますが、ほとんどの場合、誰もが最も多く持っていて遺品整理に時間がかかるのが、衣類です。春夏秋冬という四季がある日本では、季節に応じて衣類の数も増えますし、寒がりの人はコートなどの大物アウターが多くなるでしょう。

    続きを読む
  5. 豊かな人生だったと最後に思えるためにやっておくべき3つの終活事項とは

    昨今、多くの人が取り組むようになったのが、就活ならぬ終活です。就職活動を略して就活と呼ぶようになり、おなじみになったので、初めて終活という文字を目にした人は、誤植だと思ったのではないでしょうか。しかし、これは人生の終わりを迎えるために、自ら行う終わりのときのための活動という意味での終活です。

    続きを読む
  6. 将来誰も住まなくなる可能性の高い家に関してできる生前整理

    夫が亡くなった妻が、そのまま夫名義の家や土地のままで暮らしているということはよくあります。家に関して言えば、名義人が亡くなっていても、名義はそのままにして暮らし続けていくことが可能だからです。

    続きを読む
  7. 遺品整理に生前整理、加えて新たに需要が増している福祉整理とは

    高齢になったことが原因で行われる整理が、近年、さまざまな呼び方でされるようになり、似ているようで違うところがあるのが特徴です。

    続きを読む
  8. 遺品整理とゴミ屋敷が連動しやすい理由とは

    近年、結婚するとともに家を出て、子供は子供で世帯を構えて親と同居しないケースがほとんどです。親も長生きするようになったことから、子供夫婦との同居は気を遣うと敬遠するようになりましたので、お互いにいい距離感を保って比較的近くに暮らしているという親世帯と子世帯が増えています。

    続きを読む
  9. 掃除の中でも特に複雑なのが特殊清掃という掃除

    家の中をきれいにするにも、掃除の仕方はいろいろあります。昨今、自動で掃除をしてくれる自動掃除機が大人気ですが、未だに掃除はいい運動になるからと昔からおなじみのコロコロと転がしながらホースでゴミを吸い取っていくタイプの掃除機を愛用している人も多いでしょう。

    続きを読む
  10. 遺品整理やゴミ屋敷の片付けもお任せ

    近年、問題となっているゴミ屋敷ですが、実は片付けられずゴミを溜めてしまう方は会社ではエリートであったり、キャリアウーマンとして活躍している方も少なくありません。

    続きを読む
ページ上部へ戻る