遺品回収

  1. 遺品整理で最も多い衣類はどう処分すべきか?捨てるものと捨てないものとの判断

    大量に趣味の品をコレクションしてきて、その遺品整理が一番困ったという人もたまにいますが、ほとんどの場合、誰もが最も多く持っていて遺品整理に時間がかかるのが、衣類です。春夏秋冬という四季がある日本では、季節に応じて衣類の数も増えますし、寒がりの人はコートなどの大物アウターが多くなるでしょう。

    続きを読む
  2. お時間の短縮にもなるのでご依頼ください

    故人さまがお亡くなりになられ、片付けようとは思ったがとても量が多くて手に負えないとお困りになる方もいらっしゃいます。廊下までものが溢れていて手がつけられない、家全体を片付けたいので人手が足りないなど、お悩みの際は当社までご連絡ください。

    続きを読む
  3. 人手が足りない時にもご用命ください

    故人さまの身の回り品を片付けたいとは思うものの、人手が足らず進まないとお困りになる方も増えてきました。昔は遺品整理は身内でするものと考えられていましたが、現在は第三者に依頼される方もいらっしゃいます。核家族化が進んでいることからも、人手が足らずに片付けたくても片付けられないケースがあります。

    続きを読む
  4. アパートのご遺品整理もお任せください

    ご家族やご親族がアパートでお亡くなりになり、ご遺品整理をされたい際もどうぞご相談ください。1階のお住まいはもちろん、階段しかない2階のお住まいも喜んでお引き受けいたします。

    続きを読む
  5. 遺品をできる限り早く手間なく処分したいなら

    遺品をスピーディーに処分したいと考えるケースは、ご遺族によってもタイミングも異なり、状況も異なります。お亡くなりになって直ぐに部屋を片付けたい、遺品を処分したいと思うケースをはじめ、一周忌や三周忌などの法要を終えてようやく気持ちの整理が付き、直ぐに始めたいと思われるケースもあります。

    続きを読む
  6. ご遺族様の遺品整理を徹底的にサポート致します

    少子高齢化の影響も相まって、ご遺族様の平均年齢も昔に比べると相対的に高くなったと言っても過言ではありません。核家族化が進みご遺族様はお子様1人のみというケースも、あちらこちらで散見されるようになりました。葬儀・告別式に参列して下さる親族や、友人等に遺品整理を手伝って貰う訳にはいきません。

    続きを読む
ページ上部へ戻る