終活・生前整理

  1. 不動産の相続は手間も費用もかかる大変な作業

    もし、亡くなった家族が土地及び家屋という不動産の所有者であり、名義人登録していたのなら、法定相続人の間で話し合い、不動産を譲り受けるのか、それとも売却するのかを決めなければなりません。

    続きを読む
  2. 生前整理を始める時期と実際の葬儀から形見分けまでの流れのまとめ

    親を送ったことで、遺品整理をするのがいかに大変かや、不動産や預貯金の名義変更などに非常に時間と手間を要し、全てが落ち着いたころにはもう一周忌という、バタバタ期間を経験する子供世帯も珍しくありません。

    続きを読む
  3. 家族に聞けるということを生かすのが亡くなる前に片づける一番のコツ

    家族が亡くなる前に部屋の掃除や持ち物の片づけができるという状況は、ある程度残された時間が分かっている場合ということになります。

    続きを読む
  4. 老老介護に陥る原因は親子関係の変化と密接に関係している

    平均寿命が男性、女性ともに80歳代に伸びた日本の高齢化社会は、今後10年の間に団塊の世代が全員75歳以上の後期高齢者になることから、ますます介護が必要な人が増えると予想されています。

    続きを読む
  5. 豊かな人生だったと最後に思えるためにやっておくべき3つの終活事項とは

    昨今、多くの人が取り組むようになったのが、就活ならぬ終活です。就職活動を略して就活と呼ぶようになり、おなじみになったので、初めて終活という文字を目にした人は、誤植だと思ったのではないでしょうか。しかし、これは人生の終わりを迎えるために、自ら行う終わりのときのための活動という意味での終活です。

    続きを読む
  6. 将来誰も住まなくなる可能性の高い家に関してできる生前整理

    夫が亡くなった妻が、そのまま夫名義の家や土地のままで暮らしているということはよくあります。家に関して言えば、名義人が亡くなっていても、名義はそのままにして暮らし続けていくことが可能だからです。

    続きを読む
  7. 遺品整理に生前整理、加えて新たに需要が増している福祉整理とは

    高齢になったことが原因で行われる整理が、近年、さまざまな呼び方でされるようになり、似ているようで違うところがあるのが特徴です。

    続きを読む
  8. [生前整理]知っていますか?お墓にまつわる大問題!?

    私たちは、生まれた時から毎日「死」という終わりに向かって生きています。どんなに今現在元気な人でも、とても苦しい病気と闘っている人でも平等に訪れるのが「死」です。「死」はいつ、どこで、どのような場所で誰に看取られてどのように訪れるのか未知のものです。

    続きを読む
  9. 終活・生前整理を準備する際に気をつける事

    遺品整理の一般的な方法は、遺族が亡くなった後に整理を行うものです。しかし、核家族化が現代では進んできており、遺品整理を遺族が行う場合の負担が大きくなっています。遺品整理の負担を遺った遺族にかけない生前整理は、終活において非常に大切なものです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る