スタッフBLOG

  1. 粗大ゴミには出せるものと出せないものがある!出せないものはどうやって処分するのか

    一般の家庭ゴミとして出せない大型のゴミのことを、粗大ゴミと呼んでいます。これは、粗大ゴミ収集係へ電話するなどして、引き取ってもらいたい粗大ゴミがあることを伝え、料金がいくらかかるかを尋ねる必要があります。

    続きを読む
  2. 遺品整理と特殊清掃が切り離せない時代がやってきたときにどうすべきか

    戦後、減ってしまった人口を増やすために「産めよ育てよ」という政策が行われた時代がありました。いわゆるベビーブームと呼ばれるもので、この時代に生まれた人たちのことを団塊の世代と呼んでいます。

    続きを読む
  3. 遺品整理での冷蔵庫処分、方法や料金の相場、買い替えのタイミングなどを知ろう

    家電製品の寿命一般的に家電製品の多くが、寿命を10年程度としています。安全に使えるのがおよそ10年という見方をしている場合もあれば、メーカーにおける修理のための部品の保管期間が、一つの製品あたりだいたい10年としていることから、10年を超えると修理ができなくなるという理由もあります。

    続きを読む
  4. 豊かな人生だったと最後に思えるためにやっておくべき3つの終活事項とは

    昨今、多くの人が取り組むようになったのが、就活ならぬ終活です。就職活動を略して就活と呼ぶようになり、おなじみになったので、初めて終活という文字を目にした人は、誤植だと思ったのではないでしょうか。しかし、これは人生の終わりを迎えるために、自ら行う終わりのときのための活動という意味での終活です。

    続きを読む
  5. 将来誰も住まなくなる可能性の高い家に関してできる生前整理

    夫が亡くなった妻が、そのまま夫名義の家や土地のままで暮らしているということはよくあります。家に関して言えば、名義人が亡くなっていても、名義はそのままにして暮らし続けていくことが可能だからです。

    続きを読む
  6. 遺品整理で起こるトラブルとは?巻き込まれたときはどうすればいいのか

    遺品整理とは、亡くなった人が持っていた品物を処分することです。主に遺族が行いますが、ともに暮らしているのが高齢の配偶者だけで、子供は遠くに暮らしていて手伝ってもらえないとなると、どうしていいか分からず、途方に暮れてしまうでしょう。

    続きを読む
  7. 遺品整理に生前整理、加えて新たに需要が増している福祉整理とは

    高齢になったことが原因で行われる整理が、近年、さまざまな呼び方でされるようになり、似ているようで違うところがあるのが特徴です。

    続きを読む
  8. 遺品整理やゴミ屋敷の片付けもお任せ

    近年、問題となっているゴミ屋敷ですが、実は片付けられずゴミを溜めてしまう方は会社ではエリートであったり、キャリアウーマンとして活躍している方も少なくありません。

    続きを読む
  9. ゴミ屋敷をきれいに片付けるコツ

    なぜゴミ屋敷になってしまうのか 近頃ワイドショーで頻繁にゴミ屋敷について、報道がされています。広い庭のある一戸建てから賃貸マンションの一室まで、ゴミ屋敷と化した家の惨状が紹介され、あまりのひどさに目を疑い言葉を失うほどです。

    続きを読む
  10. 遺品整理の料金とお得にサービスできる会社を選ぶには

    遺品整理の料金には幅がある 家族や親族の残した品物を整理するには、非常に困難な場合があります。一人暮らしだった場合、家を丸ごと片付ける必要がありますし、明け渡しの期日が迫っていることもあるでしょう。

    続きを読む
ページ上部へ戻る