はじめての遺品整理

  1. 遺品整理を業者に頼んだ場合の費用相場はどのくらいか?全国相場を徹底比較

    今や日本全国にたくさんの遺品整理業者が存在しますが、誠意をもって対処してくれるところもあれば、悪徳業者も存在します。そんな中からたった一か所を選び出すのはなかなか大変ですが、嫌な思いをしたり、後悔することのないようにしっかりと選ぶことが大事です。

    続きを読む
  2. 親のためにできることはしっかりした入所施設選び

    夫婦で二人暮らしをしていたけれど、配偶者が亡くなって一人では家の中を維持していくことができない老親が一人残った場合、子としてできることは親を引き取って一緒に生活するか、あるいは老人ホームという施設に入所してもらうかの二者択一となります。

    続きを読む
  3. 遺品整理で最も多い衣類はどう処分すべきか?捨てるものと捨てないものとの判断

    大量に趣味の品をコレクションしてきて、その遺品整理が一番困ったという人もたまにいますが、ほとんどの場合、誰もが最も多く持っていて遺品整理に時間がかかるのが、衣類です。春夏秋冬という四季がある日本では、季節に応じて衣類の数も増えますし、寒がりの人はコートなどの大物アウターが多くなるでしょう。

    続きを読む
  4. 遺品整理で起こるトラブルとは?巻き込まれたときはどうすればいいのか

    遺品整理とは、亡くなった人が持っていた品物を処分することです。主に遺族が行いますが、ともに暮らしているのが高齢の配偶者だけで、子供は遠くに暮らしていて手伝ってもらえないとなると、どうしていいか分からず、途方に暮れてしまうでしょう。

    続きを読む
  5. 遺品整理に生前整理、加えて新たに需要が増している福祉整理とは

    高齢になったことが原因で行われる整理が、近年、さまざまな呼び方でされるようになり、似ているようで違うところがあるのが特徴です。

    続きを読む
  6. 遺品整理とゴミ屋敷が連動しやすい理由とは

    近年、結婚するとともに家を出て、子供は子供で世帯を構えて親と同居しないケースがほとんどです。親も長生きするようになったことから、子供夫婦との同居は気を遣うと敬遠するようになりましたので、お互いにいい距離感を保って比較的近くに暮らしているという親世帯と子世帯が増えています。

    続きを読む
  7. 遺品整理の料金とお得にサービスできる会社を選ぶには

    遺品整理の料金には幅がある 家族や親族の残した品物を整理するには、非常に困難な場合があります。一人暮らしだった場合、家を丸ごと片付ける必要がありますし、明け渡しの期日が迫っていることもあるでしょう。

    続きを読む
  8. 遺品をできる限り早く手間なく処分したいなら

    遺品をスピーディーに処分したいと考えるケースは、ご遺族によってもタイミングも異なり、状況も異なります。お亡くなりになって直ぐに部屋を片付けたい、遺品を処分したいと思うケースをはじめ、一周忌や三周忌などの法要を終えてようやく気持ちの整理が付き、直ぐに始めたいと思われるケースもあります。

    続きを読む
  9. 亡くなった後にする手続き②健康保険の資格喪失届

    保険や年金の手続きにお中でも「資格喪失届」の手続きは早めにする必要があります。国民健康保険だった場合は14日以内が資格喪失届提出期限となっています。届け出の時には保健証(国民健康保険被保険者証)も必要になりますので忘れずに持参しましょう。

    続きを読む
  10. 亡くなった後にする手続き①死亡届と埋火葬許可申請書

    家族が他界した際にすぐにしなければならない手続きがいくつかあります。周囲の人をはじめ葬儀社の力を借りて速やかに済ませましょう。人が亡くなると病院や自宅などで臨終に立ち会った医師が「死亡診断書」を作成してくれます。「死亡届」「死亡診断書」は合わせて一枚になっています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る