はじめての遺品整理

  1. 遺品整理の費用を抑える方法

    親族が亡くなった場合には、葬儀が終わった後、遺品整理をする必要があります。しかし、「遺品整理を業者に依頼したいと考えているが費用が気がかりだ・・・」というように思っている人も多くいるのではないでしょうか。遺品整理を業者に依頼した場合の費用は、確かに安いとは決して言えないでしょう。

    続きを読む
  2. 遺品整理をする際の準備

    遺品整理と言うと、まず片付けということを思いつくのではないでしょうか。しかし、片付けと遺品整理は違っています。当然ですが、遺品整理と片付けは共通しているところが多くありますが、そのゴールや目的が違っています。片付けの場合は、今からも継続する暮らしのことを考慮します。

    続きを読む
  3. 遺品整理にかかる費用は?

    親族が亡くなったので、遺品整理をしたいと思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、遺品整理をする場合には費用がかかります。では、遺品整理かかる費用はどのくらいなのでしょうか?ここでは、遺品整理の作業内容と、各作業にかかる費用についてご紹介しましょう。

    続きを読む
  4. 不動産の相続は手間も費用もかかる大変な作業

    もし、亡くなった家族が土地及び家屋という不動産の所有者であり、名義人登録していたのなら、法定相続人の間で話し合い、不動産を譲り受けるのか、それとも売却するのかを決めなければなりません。

    続きを読む
  5. おすすめ遺品整理業者とその料金

    高齢化が進むとともに、親と一緒に暮らす子世帯が少なくなってきたことも加えて、遺品の整理が大変という声がよく聞かれるようになりました。そのため、遺品整理をしてくれる専門の業者が存在するということは、インターネットを利用している人ならよく知っていると思われます。

    続きを読む
  6. 生前整理を始める時期と実際の葬儀から形見分けまでの流れのまとめ

    親を送ったことで、遺品整理をするのがいかに大変かや、不動産や預貯金の名義変更などに非常に時間と手間を要し、全てが落ち着いたころにはもう一周忌という、バタバタ期間を経験する子供世帯も珍しくありません。

    続きを読む
  7. 家族に聞けるということを生かすのが亡くなる前に片づける一番のコツ

    家族が亡くなる前に部屋の掃除や持ち物の片づけができるという状況は、ある程度残された時間が分かっている場合ということになります。

    続きを読む
  8. 親の家の遺品整理と仏壇の存在をどうするかの悩みが増えている

    親の家は原則処分という子世帯が増加成長した子供は結婚するにあたって実家を出て、別に家を持つことが当たり前となりました。

    続きを読む
  9. 通常の家庭ゴミと遺品整理で出たゴミとの違いと処分の仕方を知っておこう

    夜に医療機関や飲食店の前を通ると、市区町村が定めるゴミ袋には入っていないゴミが収集場所と思われるところにおかれているのを目にすることがあります。これらは産業廃棄物と呼ばれ、専門業者が市区町村が行うゴミ収集と一緒にならないよう、早朝などの時間帯に回収して回ることがほとんどです。

    続きを読む
  10. 遺品整理をしていて借金が見つかったら相続はどうすべきか

    家族が亡くなったとなると、葬儀の手配はもちろん、その他にも役所への届け出や、さまざまな契約で名義人となっている場合は、名義人変更の手続きが必要になるため、ドタバタしがちです。ただ、そのドタバタの中に、不動産の名義人変更がある場合、遺産分割協議書という書類を作成する必要が生じます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る