BLOG

遺品整理をしていて借金が見つかったら相続はどうすべきか

家族が亡くなったとなると、葬儀の手配はもちろん、その他にも役所への届け出や、さまざまな契約で名義人となっている場合は、名義人変更の手続きが必要になるため、ドタバタしがちです。ただ、そのドタバタの中に、不動産の名義人変更がある場合、遺産分割協議書という書類を作成する必要が生じます。遺産分割協議書自体は、特にこういう形式で書かねばならないという決まりはないとされているものの、建物の面積や土地坪の正確な値などを記す必要があり、さらには配偶者が残った場合とその子供が数人いる場合は、不動産だけでなく預貯金の割り振りをどうするかも明記しなければなりません。
故人が生まれてから住んだ町全ての戸籍謄本が必要になることもあって、とても素人の手に負えるものではないことから、司法書士にお願いして手続きをしてもらうのが無難です。夫婦二人だけで暮らしている家の場合、夫が亡くなっても夫名義のままで住み続ける妻は多く、法的には問題はありませんが、妻が亡くなった場合、今度は子供が法定相続人になるところ、不動産が父親の名義のままになっていると、法定相続人に父親の兄弟姉妹と孫までが加わり、手続きがややこしくなる場合が多々あります。そのため、面倒だし、お金もかかるものの、夫が亡くなったときにそのまま住み続ける妻が、将来自分の子供にだけ不動産を相続してもらいたいのであれば、遺産分割協議書を作成し、不動産名義を変更しておくのがいいでしょう。

遺品整理中に分かってくること


不動産名義変更の手続きは司法書士がやってくれますので、その間、残された遺族は遺品整理などに着手できます。その際、遺品整理をしているうちに、故人が借金をしていることが分かるということがしばしば起こります。不動産の相続をするために名義人変更をしているさなかであれば、相続した不動産をどうすべきかで悩んでいたところ、思いもよらない借金が判明したとなると、話は全く変わってきます。
それというのも、不動産などの財産を相続する人は、故人がしていた借金も一緒に相続することになるからです。ただ、ここでの救いは借金のようなマイナス財産は相続財産から差し引くことができる、債務控除という制度があることです。家を相続するにあたって相続税を支払う必要が生じた場合、借金の分だけ相続財産から差し引くことができます。そのため、借金があったと分かった時点でいくら借金があるのかを突き止め、相続する財産と相殺した場合にどうなるかを考えることが重要です。

何が借金の対象となるのか


借金というと、消費者金融などから借りたお金がすぐに思い浮かびますが、事業の未払い金や医療費の未払い金なども借金のうちに含まれますし、お葬式にかかった費用も借金の一部として考えられます。そのため、葬儀費用がそこそこ掛かることを思えば、未払いとなっている借金分を相続すべき財産から差し引いたとしたら、結果的に相続税の支払いはなしになるということも考えられます。ただ、借金分を差し引いてもまだ返済しなくてはならない場合には、相続の仕方を工夫することで、プラスとなる相続分はなくなるけれど、返済しなくてはならないマイナス分もなくなるという方法があります。それが、限定承認と呼ばれる相続の仕方です。プラスの財産からマイナスの財産を返済して相続した場合にマイナスがまだ多く残ってしまう場合、残りの返済分についての義務は負わないとする相続方法です。もし仮にプラス分が残れば、残った分は相続できますので、借金の額が多い場合や、プラスとなる財産の額がはっきりしない場合には、限定承認にすることで、プラスとしていくらか残ればラッキーという状況にできます。

相続放棄という手段も


親が亡くなったとしても、家を相続する気はないし、ましてや借金があると分かったならなおさら相続したくないという場合には、相続放棄という選択肢になります。これは、限定承認にした場合には多少なりともプラスになるかもしれない可能性があるかもしれないけれど、とにかく相続すること自体がイヤという場合や、マイナスはもちろんのこと、プラスであっても受け取りたくないという場合の選択肢です。相続放棄をするには裁判所への届け出が必要で、相続人であることが分かってから3か月以内に行わないと、自動的にプラスとマイナスの財産を相続してしまうことになりますので、注意が必要です。


限定承認も、法定相続人が数人いた場合、全ての法定相続人の同意が必要なことから、なかなか一筋縄ではいかないのが現実です。そのため、遺品整理をしていて借金があることが分かった場合には、とにかく家族で集まってどんな対策が取れるのか、どのようにすれば一番いいのかを話し合うことが重要です。しかも、3か月以内という期間が限られていることから、さまざまなことに追われる中であっても遺品整理には早めに手を付けるべきだと言えます。

関連記事


リサイクルジャパンでは故人の遺品整理をご親族に代わって承ります。家電・電化製品をはじめ家具などの家財道具をはじめ様々な不用品回収や処分を承ります。遺品整理や不用品回収をはじめごみ屋敷の片付けや孤独死、事件現場などの特殊清掃のご相談も承ります。遺品整理でお困りの際はお気軽にお問合せください。


東京都神奈川県千葉県埼玉県


愛知県岐阜県三重県静岡県


大阪府京都府兵庫県滋賀県奈良県和歌山県


岡山県広島県山口県鳥取県島根県


愛媛県香川県徳島県高知県


福岡県

ページ上部へ戻る