BLOG

遺品整理での冷蔵庫処分、方法や料金の相場、買い替えのタイミングなどを知ろう

家電製品の寿命

一般的に家電製品の多くが、寿命を10年程度としています。安全に使えるのがおよそ10年という見方をしている場合もあれば、メーカーにおける修理のための部品の保管期間が、一つの製品あたりだいたい10年としていることから、10年を超えると修理ができなくなるという理由もあります。そのため、10年を過ぎたら安全に使える保証の確率がぐんと下がるということもあって、10年を目途に家電製品を買い替えるという人が多いのではないでしょうか。また、10年経つと家電製品は驚くほどの進化を遂げることが珍しくなく、買い替えたとたんに電気代が一気に安くなるということすら、珍しくありません。その意味でも、買い替えのタイミングの大きな目安となるといえます。

冷蔵庫を買い替えるタイミング


一般家庭において冷蔵庫を買い替えるタイミングとして多いのは、設定温度は正しくしてあるのに、どうも冷蔵庫の中が冷えず、入れていた食材が傷んできたといった場合、冷蔵能力が落ちてきていると考えられます。また、昨今の家庭用の冷蔵庫は冷凍庫に野菜室などに分かれており、引き出しが2段以上あるものも珍しくなく、これらの引き出しに用いられている冷気を密封するパッキンが摩耗してくることによって、しっかり閉めているのにどうも冷えないといった現象が起こってきたら、どこかに隙間ができて冷気がもれ、しっかり機能を果たしていないところがどこかにあると考えられるでしょう。こうなったら、早めに買い替えないと、冷蔵庫の中のものがどんどん傷んできてしまいます。10年を超えた冷蔵庫なら、このタイミングに買い替えることになります。

遺品整理での冷蔵庫はどうなるのか


子世帯とは別の親世帯に住んでいた親が亡くなってしまったとなると、遺品整理をしなくてはなりません。子世帯が引き取れるものは引き取って、いわば形見として使えるものはできるだけ使いたいところですが、家電製品の場合、よほどのことがない限り、ほとんどが処分することになるでしょう。子世帯が必要とする冷蔵庫の大きさと、もし老親が最近になって冷蔵庫を買い替えていたとしたら、おそらく一人分に十分な大きさの冷蔵庫を買っているはずです。もし、追加で冷蔵庫を置けるスペースがあるのなら、まだ新しい冷蔵庫を処分するのはもったいということで、引き取って使うこともできるでしょうが、たいていの家は冷蔵庫を1台置くので精一杯でしょう。仮に買って間もない冷蔵庫であったとしても、一人が使うのに十分な大きさとなると、引き取るにも場所がないということで、できればリサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらいたいところです。そのため、遺品整理を請け負う業者の中で、リサイクルショップを運営しているところを探すことによって、まだ使える家電製品は買い取りをしてもらえる可能性が高くなります。まだ新しいものであれば、できれば買取をしてもらうに越したことはありません。

古い冷蔵庫の引き取り料金の相場は?


遺品整理を行う業者に頼んで、もうかなり古くなった冷蔵庫を引き取ってもらう場合に必要な料金は業者によって異なるものの、目安となる費用がいくつか挙げられますので、それを参考に相場をはじき出すことができるでしょう。冷蔵庫は家電リサイクル法の対象となっていますので、購入時にリサイクル料金を払っていなければ、170l以上だと4644円、170l以下だと3672円かかります。一人暮らしで小さい冷蔵庫だと思っていたら、意外と大きな冷蔵庫のまま使っていたということもあり得ますので、大きさが料金に影響してきます。また、大きくて重いことから、搬出に必要な料金も必要になると考えておいた方が無難です。新しいからといってリサイクルショップに持ち込むにしても、あまり高値で買い取ってくれることは期待できませんので、苦労する割にはそれほど値段がつかないとなれば、業者に頼んで搬出から処分までやってもらうのがいいかもしれません。ただ、家電量販店が引き取ってくれたり、家電リサイクル法において定められた家電製品に対しては、リサイクル料金を振り込み、その振り込み証明書を添付して指定の取引場所に搬入するという方法もあります。

遺品整理の対象品が冷蔵庫だった場合、よほどのことがない限り、遺族が引き取るということはないでしょう。買ったばかりというのであれば、親戚の中に一人暮らしをしている人などから欲しいという声が上がるかもしれませんが、たいていの家庭でまず必要なものとして買われますので、遺品は不用品となることがほとんどです。どの方法が処分するのに最も簡単かといえば、購入した家電量販店に相談するか、不用品回収業者に依頼することでしょう。家電量販店が引き取ってくれれば最も安心ですが、それが無理なら回収業者になります。回収業者でもしっかりと吟味すれば、状態が良ければ買い取ってくれるところもありますので、比較検討して処分することが重要と言えます。

関連記事


リサイクルジャパンでは故人の遺品整理をご親族に代わって承ります。家電・電化製品をはじめ家具などの家財道具をはじめ様々な不用品回収や処分を承ります。遺品整理や不用品回収をはじめごみ屋敷の片付けや孤独死、事件現場などの特殊清掃のご相談も承ります。遺品整理でお困りの際はお気軽にお問合せください。


東京都神奈川県千葉県埼玉県


愛知県岐阜県三重県静岡県


大阪府京都府兵庫県滋賀県奈良県和歌山県


岡山県広島県山口県鳥取県島根県


愛媛県香川県徳島県高知県


福岡県

ページ上部へ戻る