BLOG

粗大ゴミには出せるものと出せないものがある!出せないものはどうやって処分するのか

一般の家庭ゴミとして出せない大型のゴミのことを、粗大ゴミと呼んでいます。これは、粗大ゴミ収集係へ電話するなどして、引き取ってもらいたい粗大ゴミがあることを伝え、料金がいくらかかるかを尋ねる必要があります。例えばタンスや棚などは、高さがどのくらいで奥行きがどのくらい、さらには横幅はどのくらいなどと細かく聞かれますので、事前に測っておきます。そのうえで、尋ねられることに答えていくと、最終的に回収料金はいくらになるかを教えてくれる仕組みです。その料金は、コンビニなどで売られている粗大ゴミ収集専用のシールを買うことで支払うことになりますので、シールを買ってきて出したい粗大ゴミに貼り付けます。
さらに、収集日と収集場所が決まっていますので、定められた日の収集時間までに収集場所へ持って行っておく必要があります。たいていは家の前に置いておくと持って行ってくれますが、マンションなどでは入口付近をふさぐと他の住民の邪魔になることから、少し離れたところに置いておくように指示されることもあります。いずれにしても、棚などの大きなものであれば、家の前に運び出すだけでもかなりの労力がかかりますので、家族みんなで取り掛からなくてはなりません。また、粗大ゴミとして収集可能な品は行政によって細かく決めていますので、住んでいる市区町村に、粗大ゴミとして収集可能かどうか問い合わせる必要があります。

引き取ってくれないものもある


粗大ゴミの中には、引き取ってくれないものもあります。よく知られているのが家電リサイクル法に定められた家電製品4品で、冷蔵庫、エアコン、さらにはテレビと洗濯機です。これらは、今は購入時に家電リサイクル法にのっとって、先に家電リサイクル料金を支払っていますので、購入した家電量販店などに相談して回収してくれないか聞いてみるしかありません。家電製品はいつもここで買うという家電量販店を決めている人であれば、お得意様だということで引き取ってくれる可能性があります。また、家電リサイクル法によって、部品を再利用する必要性があることから、回収を義務付けている場合もあります。ただ、引き取り料は必要となりますが、家電量販店が引き取ってくれるなら、エアコンや洗濯機の取り外しもしてくれますし、重い冷蔵庫も運び出してくれますので、家族総がかりで粗大ゴミ収集場所まで持って行かなくて済むのが利点です。ただ、家電量販店によっては新しい品を買ってくれた場合にのみ引き取り可能としているところもありますので、そこは相談したり、あるいは駆け引きが必要になるかもしれません。

粗大ゴミもだめ、家電量販店もだめな場合はどうしたらいいのか


粗大ゴミに出すこともできず、家電量販店も引き取ってくれないとなると、もはや手はないのかということになります。そんな場合の最終手段というべきなのが、不用品回収業者に依頼するという方法です。不用品回収業者によっては、玄関先に運び出してくれたものなら引き取るというところもあれば、スタッフが数人で訪れて、重いものの搬出も行ってくれるところもあります。重い冷蔵庫や家具などを処分したいときは、二階などから搬出作業をして運搬車両に詰め込んで回収してくれる不用品回収業者に頼まないと、片付かないものもあるでしょう。昨今、二階がリビングという家庭が増えていますので、必然的に冷蔵庫や大きなカップボード、リビング用のソファセットなどを二階に置くことになりますので、これらを粗大ゴミとして処分したい場合、搬出作業まで引き受けてくれるところでないと無理ということになってしまいます。

不用品回収業者に頼むのなら


不用品回収業者に頼むしかないとなった場合、1社ではなく複数の業者に見積もりを出してもらうのがおすすめです。その際、他のところにも見積もりを出してもらっているのだけれどといった具合に、相見積もりをとっていることを伝えます。中には、見積書を出したことによって契約成立とする悪徳業者も存在しますので、見積もりを取っただけでは契約成立ではないということを、きちんと理解している業者かどうかを見分けるのにも役立つからです。また、料金がどのくらいになるかも気になるところです。
作業をしてもらってからいくらかかるのだろうとドキドキするようでは、かなり不安だといえます。そのため、どんなに信頼がおけそうに思える業者であっても、まずは見積書を出してもらうのが鉄則です。きちんとした業者なら、むしろ見積書を依頼されることを歓迎するでしょうから、見積書を出すことを渋るようであれば、その時点で断った方がいいかもしれません。

行政に粗大ゴミとして持って行ってもらうには、サイズを測って連絡し、シールを買って収集場所まで運び出さなければならないという手間はかかるものの、不用品回収業者に頼むよりも割安に片づけることができます。そのため、まずは行政、次いで購入した店、それらがだめなら最後は不用品回収業者に頼むという順序で進めていくことによって、粗大ゴミをすっきり片づけることができるでしょう。

関連記事


リサイクルジャパンでは故人の遺品整理をご親族に代わって承ります。家電・電化製品をはじめ家具などの家財道具をはじめ様々な不用品回収や処分を承ります。遺品整理や不用品回収をはじめごみ屋敷の片付けや孤独死、事件現場などの特殊清掃のご相談も承ります。遺品整理でお困りの際はお気軽にお問合せください。


東京都神奈川県千葉県埼玉県


愛知県岐阜県三重県静岡県


大阪府京都府兵庫県滋賀県奈良県和歌山県


岡山県広島県山口県鳥取県島根県


愛媛県香川県徳島県高知県


福岡県

ページ上部へ戻る