BLOG

神奈川県で遺品整理でお困りの時は

遺品整理をする期日は特に決まっていません。一般的には四十九日法要を済ませた頃から始めることが多く、遺族の気持ちの整理がついてから行うとよいとされています。しかし、急がなくてはいけないケースもあります。それは、亡くなった方が賃貸住宅に住んでいた場合です。部屋を借りるときには、賃貸借契約書を交わします。

賃貸借契約書には、違約金や解約条件、退去日などが記載されています。遺品整理に時間がかかると、その分家賃を払う必要があります。月の途中で退去すると日割り計算となるので、退去日と家賃について確認するとよいです。遺品整理が遅れたことで賃貸料を払うのは避けていことです。賃貸料を支払わないためにも、スピーディーに遺品整理を進めます。

できれば家族や多くの親族で行うことがよいです。そのほうが、形見分けで揉めるのを避けることができます。しかし葬儀などで家族や親族は疲れているものです。このときには遺品整理を専門にする業者に依頼することをおすすめします。当社は多くの遺品整理の経験を重ねてきており、効率よく丁寧に作業を進めることができます。

住んでいる地域が違うと、ゴミの処分方法がわからないものです。当社は不用品の回収もしていますので、安心してお任せください。また、一人暮らしで病気や事件事故などでお亡くなるケースもあります。このようなときには特殊清掃の必要があります。当社は特殊清掃も行っていますのでご相談ください。無料見積もりをいたしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事


リサイクルジャパンでは故人の遺品整理をご親族に代わって承ります。家電・電化製品をはじめ家具などの家財道具をはじめ様々な不用品回収や処分を承ります。遺品整理や不用品回収をはじめごみ屋敷の片付けや孤独死、事件現場などの特殊清掃のご相談も承ります。遺品整理でお困りの際はお気軽にお問合せください。


東京都神奈川県千葉県埼玉県


愛知県岐阜県三重県静岡県


大阪府京都府兵庫県滋賀県奈良県和歌山県


岡山県広島県山口県鳥取県島根県


愛媛県香川県徳島県高知県


福岡県

ページ上部へ戻る