BLOG

名古屋で北海道民芸家具を高く評価してもらい買取してもらう方法


北海道民芸家具は日本が戦後復興を遂げ、高度成長期へと突き進む1964年に創業した、日本屈指の家具ブランドに数えられる名門ブランドです。北海道民芸家具の創業者である大原総一郎氏の父は、有名な大手企業のクラレの創業者でした。クラレの創業者である大原孫三郎は当時の財閥の経営者や、今や日本を代表するトップ企業となった大手企業の創業者などがそうであったように、資産を私利のために使うのではなく、芸術家の支援や芸術の振興などにも力を入れていました。

世界の美術品をコレクションする美術収集家としても名をはせ、日本で初となる近代西洋美術を展示する大原美術館を設立したのです。こうした活動を経て、民芸運動の創始者である柳宗悦や濱田庄司、河井寛次郎などとも交流を深めていくことになります。民芸運動とは表面的なデザインの美しさだけにとらわれず、日本の職人によるきめ細やかな手技で実用性や機能性にも富んだ用の美を尊重するという活動です。
美しさと実用性を兼ね備えた、日本の職人技の素晴らしさに目覚めた大原孫三郎は息子である大原総一郎とともに、民芸運動の支援者となり、日本民藝館の設立にも力を注いだのです。

北海道民芸家具のブランドストーリー

大原孫三郎が亡くなると、大原総一郎は父の遺志を受け継ごうと決心し、殖産振興と伝統技術を継承していくために、北の大地で民芸家具の製作を試みます。次世代へと受け継ぐ後継者として、家具職人を志す十代の若者たちを集め、その時点ですでに伝統的な家具づくりで評価の高かった長野県にある松本民芸家具で木工技術の修業をさせました。

基礎固めをしっかりと行った職人たちは、冷涼な北海道に育つ樺の樹を主材として、用の美を追求した家具づくりを始めたのです。一方で、高度成長期に入った日本では、効率優先で各位置的な大量産品がもてはやされる時代になっていました。伝統の職人技が軽んじられる風潮も出てきた逆風が吹き荒れる中でも、北海道民芸家具はファンを確実に増やしていったのです。ファンを魅了したのは樹齢150年にものぼる樺の無垢板が醸し出す木目の美しさを生かした、職人の手技による丹精で高品質でありながら、実用性も高い用の美を備えた家具であったためです。大量生産時代になり、どこの家庭でも同じような格安の品物が並ぶ時代に、他とは違う、たった一つだけの手作り家具への潜在ニーズが実は高かったのかもしれません。

北海道民芸家具の飛躍と終焉と新たな時代

1971年には人間国宝である芹沢銈介氏が北海道民芸家具のロゴを手掛けるなど、一部のコアなファンだけでなく、全国的な知名度を確立していきます。1974年には北海道の道央の三笠に2万4千坪もの規模を持つ新工場を建設し、企業名をクラレインテリアと改めました。
しかしながら、その後は時代のニーズを捉えた新たなデザイナーズブランドや民芸家具やアンティーク家具への人気も高まって需要も分散していきました。そのため、一時の躍進も収束に向かっていきます。

ですが、この伝統と用の美を絶やしてはいけないと、2009年には飛騨産業が民芸運動の熱い魂と美学を継承すべく、経営から製造技術の向上までを担う運びとなったのです。飛騨の地と北海道の地は遠く離れてはいますが、飛騨高山の物づくりと炭鉱と開拓の町・三笠で培われた用の美と呼ばれる生活美学のあくなき探求心は通ずるものがありました。今後の展開としては民芸の心を大切にし、手作りのよさを残しながらも、工業化を図り、いつまでも変わらない使いやすさと使う楽しみを提供していくことだと言います。

職人手作りの北海道民芸家具に高い評価

飛騨産業へと経営や製造がシフトされたことで、北海道民芸家具は創業時代のブランドとは少し変容を遂げています。ベースは受け継がれていますが、創業時から続いてきた製法や使用してきた北海道の部材を用いた本来のブランドの家具とは異なります。

そのため、民芸運動を尊重し、用の美を追求し続け、北海道の地で北海道の樹齢の長い木材を使い、職人が手技を基本に作り上げてきた本来の北海道民芸家具は希少性を帯びており、買取を希望する業者が登場しているのです。伝統の家具が欲しい、自宅にあるのと同じ北海道民芸家具を集めたいといったファンやコレクターからの人気が高まっているためです。

北海道民芸家具を買取している実績豊富な業者を探す

もっとも、現代の時代は海外のデザイナーズ家具やアンティーク家具も人気であるため、どの業者でも北海道民芸家具を買取しているわけではなく、きちんとした評価ができる査定士がいるとは限りません。そのため、買取を依頼するには北海道民芸家具の適正な評価ができる、実績ある業者に依頼するのがおすすめです。

北海道民芸家具は民芸運動の流れを汲んだ用の美を追求した、職人の技が光る作品です。現在は経営権などが移っており、用いる木材や製法なども異なってきているため、一時代を築いた伝統ある北海道民芸家具に再評価が集まり、買取が期待できます。

関連記事

信越・北陸地方
石川県福井県
関東地方
東京都神奈川県千葉県埼玉県
東海地方
愛知県岐阜県静岡県三重県
近畿地方
大阪府京都府兵庫県滋賀県奈良県和歌山県
中国地方
岡山県広島県山口県島根県鳥取県
四国地方
愛媛県香川県徳島県高知県
九州地方
福岡県

ご不用になった高級家具・デザイナーズ家具・ブランド家具はぜひ買取専門のリサイクルショップであるリサイクルジャパンにお売り下さい。高級家具といえど中古家具の価値はなかなか自分ではわかりません。当社ではカッシーナやアルフレックスをはじめとする、高級輸入家具の買取に力を入れています。アンティークを含めた、イタリア家具やアメリカの高級家具なども業界随一の高い知識と豊富な経験で査定いたします。


「遺品整理」「ゴミ屋敷の片付け」「特殊清掃」などでお悩みの際はお気軽に当社にご相談ください。できる限りBLOGにて情報を発信していく予定ですがお電話でもお客様のご相談を承ります。お気軽にお問合せください。不用品回収専門スタッフがお客様の力になります。

ページ上部へ戻る