景気低迷の時代、「Do it yourself」 (自分でやりましょう)というのが合い言葉でアメリカから日本まで世界中に日曜大工ブームが起きました。恐らくそのブームの影響でしょう、電動工具は、この時期にアメリカでも日本でも飛ぶように売れました。どんなものが売れたのでしょうか?電気ドリル(通称電ドル)、電気のこぎり、電動インパクトレンチ、電気釘打ち機、電動ジグソー等々、一般家庭でも売れ筋でした。ところが景気が回復してくると事情が少し違って来ました。景気が回復して給与が上がるようになったら、忙しくて日曜大工どころではありません。

日曜大工的なお仕事は業者に外注するようになるのですね。そうなるともったいないのが自宅に眠っているこれらの電動工具ですね。心配入りません。そのような時代背景を先取りして、私どものようなたくさんの電動工具買取サイトがオープンされています。これらのサイトの特長なんですが、実店舗を持たないので売買手数料が最小限ですみます。その分、売却する工具の買取価格に反映させることが出来るので、高額で引き取って貰えるというしくみなんです。このビジネスで活躍するのは宅配便の業者です。わざわざ窓口まで出かけて行かなくとも、宅配便で電動工具を送れば、すぐに適切な査定価格を連絡してくれるので大変便利です。

捨てるのはさすがにもったいないので仕方なく使われないで倉庫に眠っている電動工具は意外と多いものです。どのご家庭でも一つや二つは探せば出て来ます。そのままほったらかしにして置くとその価値は限りなくゼロとなり、いざ売却しようとしても高いお値段がつきません。この種のリサイクルは早期決断が一番なんです。メーカーで新型製品が発売されると、旧型のは価格が急激に落ちてしまいます。そうなる前に売却処分すれば高額で引き取ってもらえますよ。メーカーの保証書や付属品は捨てずにダンボールごと保管しておきましょう。買ったときの状態を維持出来ているほど高額で引き取ることが可能です。

テレビなどの様々なメディアで紹介されています

テレビや雑誌をはじめ様々なメディアで紹介されているリサイクルジャパンにお任せください。お客様のニーズに誠心誠意対応するサービスをご提供致します。

よくある質問

もちろん喜んでお伺いいたします。無料で出張お見積りをさせて頂きますのでお気軽にお問合せください。

お電話やメールでも概算ですがお見積をすることが出来ます。また、写メールなどがありますとより詳しくお見積出来ます。

生き物以外が回収可能です。詳しくはお問合せください。

もちろん大丈夫です!作業完了後に確認頂くだけで結構です。

作業終了時に現金でのご清算となっております。

出張費用、運搬費などすべて無料となっております。

再販可能な商品が対象となります。アンティーク商品の場合は買取させて頂く事もありますのでお問合せください。

Load More