電動工具にはバッテリー付きのものも多いですね。バッテリーの持ちが悪くなると使い勝手が悪くなってしまいます。買取をさせていただく上では、現物を動作確認して状態をチェックさせていただくのですが、その際、バッテリーがあるものについては充電がきちんとできるかや、充電後の使用状態についてもチェックさせていただいております。

充電しても直ぐに作業できなくなるといった場合、充電池の交換が必要になったり、合致する充電池が既に生産されていなかったりすると、査定額が大幅にダウンしてしまう場合もございます。そのため、バッテリーを長持ちさせるために日頃から充電の仕方に気をつけておくことが、いざ買取を依頼する際の査定額アップに繋がると言えるでしょう。では、どんなことに気をつければいいのか、ちょっとアドバイスさせて頂きたいと思います。お持ちの電動工具に合わせて、参考にしていただければ幸いです。充電のベストな方法尾は充電池の種類によっても異なってきますので、まずは充電池の種類を確かめましょう。現在の主流はニッケル水素かニカド、リチウムですが、新しいものについては環境保護の観点からリチウム電池へとシフトしていくでしょう。

携帯電話の充電でもそうですが、よく最後まで使い切ってから充電するほうが長持ちするという話を聞いた事はないでしょうか?これは、従来多かったニッケル水素やニカド電池の場合です。この場合は、継ぎ足し継ぎ足し充電しながら使っていると、充電切れを起こしやすくなってしまうので、なるべくギリギリまで使い切ってから充電するようにしましょう。作業の継続性を考えると難しいかもしれませんが、なるべく心掛けてください。これに対して、リチウム電池は最後まで使い切るのではなく、こまめに継ぎ足し充電するのがベターと言われているので、電池の種類に気をつけなければなりません。電動工具の充電池にはNi(ニッケル)、Li(リチウム)などと書いてありますので、しっかり確認してください。

テレビなどの様々なメディアで紹介されています

テレビや雑誌をはじめ様々なメディアで紹介されているリサイクルジャパンにお任せください。お客様のニーズに誠心誠意対応するサービスをご提供致します。

よくある質問

もちろん喜んでお伺いいたします。無料で出張お見積りをさせて頂きますのでお気軽にお問合せください。

お電話やメールでも概算ですがお見積をすることが出来ます。また、写メールなどがありますとより詳しくお見積出来ます。

生き物以外が回収可能です。詳しくはお問合せください。

もちろん大丈夫です!作業完了後に確認頂くだけで結構です。

作業終了時に現金でのご清算となっております。

出張費用、運搬費などすべて無料となっております。

再販可能な商品が対象となります。アンティーク商品の場合は買取させて頂く事もありますのでお問合せください。

Load More