楽器というのは価格が高ければ高い程良いものであるというのは、一般的には本当です。例えば、5万円のギターと10万円のギターを特別にコード等を彈くことが出来なくても、指でジャラーンと弾いてみるだけで、特別に音感が優れていなくても、 違いがはっきりとわかります。

今をときめく、ハードロックであれ、フォークであれ一線で活躍されている人達は、はじめからギターや楽器に対しての知識があるわけではありませんから、自宅にあったガットギター(クラッシックギター)に、エレキギター様に発売されていたスチール弦に張り替えて見たり(本来はクラッシックギターにはナイロン弦が基本)していた模様です。恐らく、今はプロフェッショナルとして活躍されている方であっても、既にある楽器の買取りをして貰い、それ
をアルバイトで貯めた分の不足分として補って何とか、念願のエレクトリック・ギターやエレクトリック・ベースを購入出来た時の嬉しさは忘れることは出来ないでしょう。そして誰もがそうした様に、女の子の目を釘付けにるために、エレクトリック・ギター等を買ったという人は、もう数えきれない程いるのではないかと思います。現在活躍している人達がギター等を始めた頃も、そのような純粋な気持ちで始めた人もいるというのをインターネットの動画サイトで聞きました。

もちろん、 それだけで技術が上達したり曲が弾けるようになるわけではなく、死ぬほど練習をしたのではないかと思います。それも食事・風呂・学校・睡眠等以外のあらゆる時間を使って、ひたすらギターを持って何かしらのメロディーを奏でていたのではないかと推測します。一方、何故楽器演奏をやめたかというと、Fのセーハのコードが
、ビビリ音を出さすにクリーントーンで出せなかったという都市伝説がありますが、その意見に対して、別に「セーハーでなくてもFを出す方法はあるのです」という反論は何故か聞こえて来ません。エレキギターをステージ上に華麗に簡単そうに彈くのを見て、それに憧れを抱いてバンドスコアやタブラチュアが掲載されている本を購入したり、あるいはCDを鳴らして聞いて、練習するのが一般的ですが、私はそれらの書籍等に頼らずに自分の耳を信じて音を選び演奏するのが良いと考えています。ですから、一部の天才を除けば、それほど格好良くはないがスローでありながら良い曲をたゆまず練習する事から始める事が大切な事です。この曲をマスターで
きたら楽器の買取りに出して、新しいギターを購入するといういわば「自分へのご褒美」を用意するのも良いですね。お店へ直接赴くのも良いですが、今はメールで査定の申込みをする事が出来るし、査定もしてくれるので仕事が忙しくて時間が無い方には、オススメできます。

テレビなどの様々なメディアで紹介されています

テレビや雑誌をはじめ様々なメディアで紹介されているリサイクルジャパンにお任せください。お客様のニーズに誠心誠意対応するサービスをご提供致します。

よくある質問

もちろん喜んでお伺いいたします。無料で出張お見積りをさせて頂きますのでお気軽にお問合せください。

お電話やメールでも概算ですがお見積をすることが出来ます。また、写メールなどがありますとより詳しくお見積出来ます。

生き物以外が回収可能です。詳しくはお問合せください。

もちろん大丈夫です!作業完了後に確認頂くだけで結構です。

作業終了時に現金でのご清算となっております。

出張費用、運搬費などすべて無料となっております。

再販可能な商品が対象となります。アンティーク商品の場合は買取させて頂く事もありますのでお問合せください。

Load More