冷蔵庫を買取してもらえなかったらどうやって処分をすればいいの?

家電

冷蔵庫の買取ができないケースとしては、汚れや臭いが酷く、クリーニングしても落ちないようなケースなど手入れが行き届いていない場合や、正常に動作しないなど不具合が生じているケースのほか、製造から5年を超えている場合も買取が難しくなる一つです。家電製品の寿命は10年程度が目安となるので、設計上の寿命が迫っていると安全性の問題から買取をしてもらえません。また、買取業者が在庫を抱え過ぎているサイズなど、売れないリスクが予想される場合も買取を拒否されてしまうことがあります。業者の在庫によっても異なるので、ケースバイケースとなる事例です。

処分する基本の方法

では、買取をしてもらえなかった場合にはどうしたらいいのでしょうか。引っ越しなどで処分したいと思っていて、もう必要がないケース、買い替えを予定していて新しい冷蔵庫が間もなくやってくるという場合には、家にあっても困ります。そこで、どうにか処分をする方法を検討しなくてはなりません。この点、冷蔵庫は家電リサイクル法の対象となるので、不燃ゴミや粗大ゴミとしては捨てることができません。家電リサイクル法とは冷蔵庫やフリーザー、洗濯機と乾燥機、テレビ、エアコンのご家庭には欠かせなくなった生活必需家電について、捨てる際には購入者や使用者がリサイクル料を支払ってリサイクルに回さなくてはならないという制度です。環境保護や資源の有効活用を目的に制定されました。

回収された家電のリサイクルは、地域で設けられている専用の家電リサイクル施設の処分場へと持ち込まれます。この点、捨てたい方が直接、自ら持ち込めばリサイクル料の支払いだけで済みます。これに対して、販売店や業者などに回収を依頼する場合には収集運搬料も必要です。冷蔵庫は重量があるものがほとんどで、地域の処分場も遠方にある場合が多いため、一般的には回収を依頼することになるでしょう。この点、リサイクル料はメーカーやサイズなどによって異なり、一律ではありません。また、収集運搬料も一律ではなく、距離や業者によって設定が異なるので注意しましょう。そのため、同じ冷蔵庫を依頼するのでも、どの業者に頼むかで費用に差が付く虞があります。

販売店や買い替え店でのリサイクル

家電リサイクルの回収依頼をする一つの方法としては、処分したい冷蔵庫を購入した販売店や新たに買い替えをする冷蔵庫の販売店に依頼する方法があります。買い替えをする際や、長年のお付き合いが合って頻繁に家電製品を買っているような馴染みのお店の場合、サービスとして無償で引取ってくれるケースも少なくありません。対応はお店によって異なりますので、費用を抑えたい方は相談してみるといいでしょう。

専門のリサイクル業者への依頼

買い替えの予定なく捨てたい場合や、販売店が近くにはない場合、オンラインショップで買ったといった場合には家電販売店での対応が難しいので、リサイクル回収を請け負っている業者を探して相談しましょう。この点、無料で回収するなどと地域を回っている業者の中には、正当な許可を得ていない業者が少なくありません。無料と言いながら、いざ依頼をすると冷蔵庫はリサイクル料がかかると根拠のない高額な金額を提示してくることもあるので注意しましょう。許可のある業者のリストが、市区町村役場のホームページなどに掲載されていますので、正当な業者を探して見積もりをしてもらうのがベストです。

買取業者に不用品回収を依頼

買取業者の中には家電リサイクル法に基づき、不用品の回収ができる許可を得ている業者も少なくありません。もし、買取ができなかった場合にすぐにでも処分したいなら、その場で業者に回収してもらえるかと、いくらかかるのかを尋ねてみましょう。中には売れない冷蔵庫でも部品をばらすなどしてリサイクル業者に売却するルートを持っているなどで、無料で引取に応じてくれるケースもあります。ですが、一般的には家電リサイクル料と収集運搬料を含めた料金での有料回収となります。業者によって料金が異なるので、思ったより高くて納得いかないという場合には、面倒でもいったん保留にして、その他の業者からも見積もりをとってみるといいかもしれません。

まとめ

冷蔵庫の買取ができないケースには製造から5年を超えている、正常に動作しない、汚れや臭いが酷い、買取業者が在庫を抱え過ぎている種類であるなどが挙げられます。買取ってもらえない場合に使わないのであれば、処分の必要が出てきます。冷蔵庫は家電リサイクル法の対象となるので、不燃ゴミや粗大ゴミとしては捨てることができません。販売店や買い替え店や専門のリサイクル業者にリサイクル料や収集運搬料を支払って引取ってもらう必要があります。買取業者が不用品回収業も兼ねているのであれば、その場で有料または無償引取してもらうと便利です。

関連記事