一見では丈夫に見える革製の椅子やソファですが、メンテナンスが不十分の場合には座面の色落ちや破れなどを起こすことがあります。汗じみや座面の痛みが目立ってしまうと見栄えもよくありませんし、汚れが理由で買い替えを見当される方も少なくありません。ですが、同じ品を求めようにも、デザイナーズ家具やブランド家具の場合には生産数が少なく、類似品が存在しないこともあります。リサイクルジャパン・リペアセンターは革製品のリペアやメンテナンスを行っており、椅子やソファといった大型家具にも対応しています。特に耐用年数が十分な椅子やソファのダメージが目立ち始めたなら、買い替える前に当社にご相談ください。革製の椅子やソファのリペアでは、ダメージを受けた部分だけでなく全体の総張り替えが一般的です。しかし、当社ではエコやコストの観点から部分張り替えを行っています。部分修復の場合にはどうしても色や質感の違いがでやすいものです。当社では熟練した職人がリペア作業を行い色調調整をするので、自然な仕上がりとなっています。また、ソファの色調に飽きてしまった場合にはカラーチェンジをすることもできます。



ページ上部へ戻る