BLOG

遺品整理に生前整理、加えて新たに需要が増している福祉整理とは

高齢になったことが原因で行われる整理が、近年、さまざまな呼び方でされるようになり、似ているようで違うところがあるのが特徴です。高齢の方が亡くなられた場合、残された品は全て遺品となりますので、この場合は遺品整理と呼ばれ、配偶者や子供などが主となって残すものと処分するものとに分け、片づけることを言います。中には、一人で暮らしていた老親が亡くなったために遺品整理を行わなければならないのだけれど、子供である自分は遠くに暮らしていることから、すぐに遺品整理に取り掛かれないといった理由で、遺品整理を専門に手掛ける業者に依頼するケースも増えてきています。
生前整理は、文字通り生きているうちに身辺の整理をしておくことを意味する整理で、配偶者を亡くした人が遺品整理の大変さを思い知り、これでは自分が亡くなったあと、子供に迷惑をかけることになると気付いた人から取り組むようになってきました。生前整理の良いところは、自分の意思で片づけができることです。読まれたくない日記などはすっぱりと処分してしまい、これまでは捨てるのはもったいないと感じて残してきたものも、この機会だからと思い切って捨ててしまうことができます。
結果として、今の自分の暮らしに必要なものと、自分が亡き後、家族に形見として持っておいてもらいたいものだけを残せるのが、生前整理の一番のメリットです。遺影や葬儀の手配などで「こうして欲しい」という希望があるなら、それを前もって伝えておけるという利点もあります。高齢になったり、天に召された際に行う片づけは主にこの二つととらえていた人が大多数だったところへ、近年はさらに新しい整理が加わりました。それが、福祉整理と呼ばれるものです。

福祉整理とはいったいどのような整理なのか


亡くなった人の遺品を処分する遺品整理や、自分が亡くなったときのことを考えて持ち物を処分しておく生前整理と大きく異なるのは、今、現在の生活を続けるために行う整理が福祉整理だということです。高齢になるとどうしても体が不自由になり、ゴミ出しや掃除が思うようにいかなくなります。ゴミ屋敷を作り出している大半が高齢者であることを考えると、もったいないという気持ちから溜め込んでいってゴミ屋敷にしてしまうタイプと、体力や気力が追いつかず、片づけられないことが原因で結果的にゴミ屋敷になってしまったというタイプの二つに大別できるのです。体力、気力ともに衰えて住まいの環境がどんどん悪化していく人の場合、なんとかしてきれいにしたいという気持ちはあります。ただ、そのための整理や掃除という作業に体が追い付いていかないのです。
その結果、家に溜め込んでしまうことになったゴミから悪臭がしたり、害虫がわいたり、場合によってはトイレが使えないほどに物が散乱してしまったことから、家の中のあちこちで排泄をすることになったりと、かなり悲惨な状態になってしまいます。この状態を改善するための整理が福祉整理で、命の終わりと関連して行われる遺品整理や生前整理とは違い、今を、そしてこれからを生きていくために、住まいの状況を改善することを目的に行われる整理及び清掃のことを言うのが特徴です。

業者探しが最も重要になる整理


遺品整理にしろ、生前整理にしろ、業者が請け負ってやってくれることが増えています。一番楽なのは、まだ本人が存命中の生前整理なのは明らかです。遺品整理の場合、一人暮らしのために亡くなったことが長く分からなかった場合、とき部屋や家が凄惨な状態になってしまっていることもあるからです。ただ、福祉整理も簡単にはいかないことから、なかなか業者が見つからないのも事実です。
大量のゴミに、家じゅうに発生した害虫の駆除、さらには部屋の中で行われた排泄をきれいにするには、普通の神経では考えられない悪臭や目を覆いたくなる惨状の中での清掃作業という点で、遺品整理の現場と通じるものがあります。そのため、ひとたびは依頼しようとしたものの、あまりの高額料金の請求に驚き、やめてしまったという人も多くいるという現実もあるのです。とはいえ、中には高齢者の住環境を一刻も早く改善してあげたいと考える、ありがたい業者も存在します。そうした業者はまだほんの一握りといっていいでしょうが、その一握りと出会うことができたなら、住環境は見違えるほど改善されることでしょう。

まとめ


高齢になると3つの異なる整理をする必要が生じることが、それぞれの違いを理解することで分かりますが、中でも定期的に行う必要があるのが福祉整理であるのは疑う余地がありません。その意味では最も特殊な整理と言えます。いったんはきれいになったとしても、そもそもが体力と気力がないためにゴミを溜め込んだ結果なのですから、きれいになったらまた置き場ができて、再びゴミが溜まり始めるでしょう。
子世帯が別にあるなら、子供が親の家を管理することを考えないといけませんし、そうした存在がいないのであれば、高齢者自身が清潔な環境を維持するための今後の手段を、清掃をしてくれた業者と話し合って決める必要があるといえます。

関連記事


リサイクルジャパンでは故人の遺品整理をご親族に代わって承ります。家電・電化製品をはじめ家具などの家財道具をはじめ様々な不用品回収や処分を承ります。遺品整理や不用品回収をはじめごみ屋敷の片付けや孤独死、事件現場などの特殊清掃のご相談も承ります。遺品整理でお困りの際はお気軽にお問合せください。


東京都神奈川県千葉県埼玉県


愛知県岐阜県三重県静岡県


大阪府京都府兵庫県滋賀県奈良県和歌山県


岡山県広島県山口県鳥取県島根県


愛媛県香川県徳島県高知県


福岡県

*

* * * *

新着情報

終活・生前整理のご相談承ります。

* 遺品整理や不用品回収のみならず終活・生前整理のご相談も随時承ります。遺品やゴミ屋敷の片付けもお気軽にご相談ください。誠心誠意対応致します
ページ上部へ戻る