ブログ

終活・生前整理を準備する際に気をつける事

遺品整理の一般的な方法は、遺族が亡くなった後に整理を行うものです。しかし、核家族化が現代では進んできており、遺品整理を遺族が行う場合の負担が大きくなっています。遺品整理の負担を遺った遺族にかけない生前整理は、終活において非常に大切なものです。生前整理は終活において着目されていますが、ほとんどの人は生前整理の進め方や方法が分からないでしょう。生前整理の場合は、方法や規模などが個人によって非常に違うので、作業が非常に困難です。ここでは、終活・生前整理を準備する際に気をつける事についてご紹介しましょう。

生前整理を準備する前に気をつける事


生前整理を終活の準備として始める時期は、判断が最も困難になります。一般的に、60歳前後が最も生前整理を始めるために適した時期になります。現在は80歳を平均年齢がオーバーしており、終活の準備を60歳から始めるのは早く感じるかもしれません。しかし、早く終活の準備を始めると、非常にメリットがあります。
ここでは、生前整理をどうして60代から始める必要があるかについてご紹介しましょう。定年などのために、ライフスタイルが60代になると非常に変わります。生前整理をライフスタイルが変わる60代を目途に始めると、作業をゆっくりと自分のペースで進められます。ライフスタイルの変化に応じて不用なものを廃棄し、シンプルな生活にすることによって、実際に必要なもののみを使用した暮らしをスタートすることができます。
早く生前整理を始めるのは、細かく負担を分ける効果もあります。急がなくてもいいですが、早めに生前整理は始めるとゆっくりと自分のペースで進められます。ものを廃棄するのは、負担が非常にかかります。不用品の大型のものの廃棄などは、体力がある時でないとできない場合も多くあります。60代であれば、力がいる作業も自分のみである程度はできるでしょう。書籍やタンスなど、力がいる多くの不用品がある場合は、早めに生前整理を始めると負担が軽くなります。体力が生前整理の場合には必要であることを把握しておきましょう。

生前整理の心構え


ほとんどの人は、生前整理に対してイメージが具体的に沸かない悩みを持っているでしょう。ここでは、生前整理を始める際の心構えについてご紹介しましょう。生前整理の考え方は、遺った家族のために行うもので、自分のために行うものではありません。
しかし、考え方がこのようなものでは気持ちが積極的になれません。生前整理を有意義に今からの生活をするために行うという心構えは、イメージが非常に積極的になります。生前整理は、自分が亡くなった後のためのものではなく、今からの暮らしのためのものであるという意識で取り組みましょう。焦りは生前整理の場合には良くありません。今から暮らしていくうえにおいて必要なもの、大事なものなどの整理・廃棄を無理に行うのは、今からの暮らしにおいて楽しみがなくなってしまいます。生前整理の場合には、作業を暮らしにおいて無理がない範囲で進めることが大事な心構えになります。懐かしい過去を懐かしい品物から思い出すのも、終活や生前整理の一つの楽しみでしょう。

生前整理の進め方


ものを整理することが生前整理ですが、物質面以外に整理は精神面においても必要です。シンプルな暮らしをするために、自分に必要ないもの、自分に必要なものを考えるのは非常に大事な考え方です。では、自分に必要なものを考える場合にはどのような情報が大事なのでしょうか?
ものが老後に増える要因は、消耗品を心配になるために買いだめすることや、ものを必要以上に買うということがあります。
本当に自分に必要なものを見極めるのは非常に困難ですが、消耗品を必要以上に買いだめすることは、可能な限り止めましょう。老後は、荷物を運搬したり、ものを廃棄したりするなどの体力がいる行動が困難になってきます。多くの時間が整理する際にもかかるようになる場合もあり、老後を豊かに暮らすためにも早めに生前整理は始めることが大事です。生前整理は自分が亡くなった後の整理というよりも、準備を老後のための行うために進めるようにしましょう。生前整理を60代の定年になった後から始めることによって、老後の暮らしを楽しい快適なものにすることができます。ここでは、快適な老後にするためにどのような生前整理すればいいかについてご紹介しましょう。快適な老後にするためには、趣味を充実して、要らないものを整理しましょう。定年になった後に、趣味を生きがいとして持つのは非常に大事です。趣味というのは、精神的に老後を充実したものにするための一部の暮らしであると言えるでしょう。生前整理の目的としては、趣味を充実して、要らないものを廃棄することもあります。例えば、使用していない収納や部屋を整理して趣味に使えるようにするなど、快適に老後の暮らしを送るために考えましょう。生前整理は、自分が亡くなった後のためでなく、準備を老後のために始めることが大事です。

不用品の廃棄方法


早めに生前整理を始めることによって負担を少なくすることができますが、自分で全てのことを行うのは困難であることも真実です。ここでは、生前整理によって不用品が発生した場合の廃棄方法についてご紹介しましょう。リサイクルできるものは買取してもらいましょう。
自分の場合には不用品でも、需要が中古品のマーケットにおいてある場合は買取してもらうのもいいでしょう。まだ使用できるものは、リサイクルショップや不用品買取サービスを利用することによって買取してもらえます。買取してくれる中古品の目途としては、家具の場合はブランド家具、いい状態の家具、家電製品の場合はいい状態のもので製造してから5年以内のもので、ブランド品・貴金属の場合は古いものでも買取してくれる場合があります。中古品のマーケットでは、意外と思えるようなものの需要がある場合があります。不用品が発生した場合には、相談を無料見積もりでしてみるのもいいでしょう。運搬が自分で体力的にできない不用品は、不用品回収や出張買取を利用することによって負担を少なくすることができます。
不用品回収の場合には、ゴミの分別していないものでも回収してくれるため、生前整理で発生したゴミを効率よく廃棄することができます。出張買取の場合は、運搬する必要がなく不用品を負担なく廃棄できます。生前整理の場合は、不用品回収や出張買取を上手に利用しましょう。

まとめ


終活・生前整理を準備する際に気をつける事としては、多くの時間が整理するためにはかかる、老後の負担が早めに始めると少なくする、ということです。生前整理の場合には、労力が多くかかります。60代の定年になった後から生前整理を始めることによって、体力や時間の負担が非常に軽くなるため早めに始めましょう。
生前整理はマイナスの多くのイメージがありますが、整理を上手に行うことによって充実した老後を送ることができます。
要らないものを廃棄し、老後が楽しくなる趣味などを充実させることも、大事な生前整理の心構えと言えるでしょう。体力があるうちに生前整理は始めるのがいいでしょうが、運搬が自分でできない不用品も多く発生します。大量のゴミや家具などの場合は、不用品回収や出張買取を利用してみましょう。生前整理というのは、充実した老後の暮らしにするための準備です。

関連記事



*
* 対応エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県

* 対応エリア:愛知県岐阜県三重県静岡県

* 対応エリア:大阪府京都府奈良県兵庫県滋賀県

* 対応エリア:岡山県広島県山口県

* 対応エリア:福岡県

新着情報

終活・生前整理のご相談承ります。

* 遺品整理や不用品回収のみならず終活・生前整理のご相談も随時承ります。遺品やゴミ屋敷の片付けもお気軽にご相談ください。誠心誠意対応致します
ページ上部へ戻る