ブログ

現代病?セルフネグレクトが原因の汚部屋問題

最近少しずつ聞かれるようになった「セルフネグレクト」という言葉をご存知ですか?ネグレクトという言葉は育児放棄や介護放棄などが問題となってよくニュースになっています。セルフネグレクトとは、自分自身を放棄するいわゆる自己放棄という症状のひとつです。このセルフネグレクトは、誰にでも突然なりえる恐ろしい症状のひとつです。身近な人や、もしかすれば自分がなっていても気付かない場合のほうが多いのも特徴です。この状態を放置しておくと、病気になってしまったり、最悪死に至ることもあります。セルフネグレクトとはどのような症状なのでしょうか?原因は?どうしたら治るの?

セルフネグレクトの症状は?


さて、セルフネグレクトの主な症状を見ていきましょう。

  • 部屋が片づけられない
  • お風呂に入ることが面倒で入らない
  • 体調が悪くても病院に行かない
  • 友達や身近な人と連絡を取ることをしない
  • 貯金をしない。むしろ散財する
  • 人に干渉されたくない
  • 食事をすることが面倒で栄養バランスなども考えない
  • ゴミ捨てができない

上記の項目にあてはまることが大半である人はセルフネグレクトの状態である可能性が高いです。ただ、面倒臭いというだけでしないという人もいるでしょう。また日々の忙しさゆえにできないという人もいるでしょう。そういう言い訳をして自分を正当化してしまう人こそがセルフネグレクトの重大な部分になるのです。セルフネグレクトの人の大部分が、プライドが高く自分の生活や性格などを人に相談したりしないのです。

セルフネグレクトになる原因は?


人は、この世に生まれた瞬間から親や親に代わる人に育てられて成長します。朝起きたら、歯磨き洗顔をし朝食を食べる。準備をして学校や仕事に行く。帰宅すれば入浴をし夕飯を食べ就寝する準備をする。このようなサイクルを生活をいい、毎日の中で必要な栄養をとったり自分を清潔に保ち自己管理をするように育てられます。それがあるとき何かがきっかけになってそのサイクルが保たれなくなったとき、セルフネグレクトのような状態になる危険性があるのです。
その原因は、

  • 孤独、孤立(大切な人(動物)の死、失恋、裏切り、天災など)
  • 経済問題(リストラ、離職、収入の低下など)
  • 病気(うつ病、認知症、糖尿病など)
  • 性格(他者を頼らない、過度な遠慮、自尊心の強さなど)どれも、日々の生活から目をそむけたくなるような事柄です。そして誰もが突然起こりうる問題です。このような問題に対処できず無気力になり、生活サイクルを放棄し孤立していくとセルフネグレクト状態に陥り、病気になってしまったり普通の生活ができなくなります。また、将来への不安からアルコールに依存したり生きる希望を失ってうつ状態になってしまったりと悪循環な環境に陥ることもあります。このような状態は、高齢者に多い問題でしたが近年は若年化し、どの年齢の人にでも起こりうる問題と
    なっています。

セルフネグレクトを治すには?


まずは、自分がセルフネグレクトの状態であると認識をすることが第一です。ですが、なかなか自分がセルフネグレクトの状態であると認めることができないのもこの状態のひとつの特徴です。なので、自分の周りの人に気づいてもらうことが大切です。「最近付き合いが悪いよ」「最近元気ないよ」など言われたら要注意だと考えましょう。自分以上に周囲の人は気づいてくれているかもしれません。そして、自分がセルフネグレクトの状態であると少しでも感じた場合は、勇気を出して病院や、専門機関に相談をしてください。セルフネグレクトの人は病院に行かないという特徴があることから発見が遅れてしまうケースが多くみられています。ですが、放っておくと精神的にも身体的にも生きていくことが困難になり、ますます孤立し、最悪は死に至ります。ただの自己管理不足などと決めつけてしまわないでください。規則正しい生活が困難になってきた場合や、周囲との交流が億劫になってきたらまずは、自分を疑うことからはじめてください。

私たちができること


セルフネグレクトの状態のひとつに、「部屋を掃除できない清潔に保つことができない」や「ゴミを捨てることができない」などの特徴がみられます。
この状態は、必ず周囲の人は気づくはずです。気づいた人がその人を救うことができるといっても過言ではありません。清掃を依頼された業者や、公共機関の人たちは一番気付きやすいでしょう。そういう人がいるということがわかれば、その人の代わりに地域のケースワーカーに相談したりその人の家族に伝えられる仕事ができればと思います。ですが、近年の個人情報保護の問題などでなかなか他者を助けるという行為が出来にくい社会になっている
というのも現実です。育児放棄などのネグレクトの場合は相談できる場所が分かりやすくすぐにでも報告できるシステムがあります。そして報告した人の個人情報も守られています。セルフネグレクトの場合に、相談できる窓口がしっかりと確立されていないのが現状です。また、相談されたとしても個人の問題であり人に迷惑をかけていないと言われてしまうとそれ以上立ち入ることができません。ですが、見守るという行為ひとつでも出来れば未然に防げることもできます。その人に会ったら「こんにちは」と挨拶をしたり声かけをするだけでも孤立から防ぐことができるかもしれません。人は、一人では生きてはいけません。物や人に頼って生きていく動物です。自分や、周りの人がセルフネグレクトにならないためにも日ごろから小さな交流をかかさないように気を付けていくことが本当に大切なことだと思います。

関連記事



*
* 対応エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県

* 対応エリア:愛知県岐阜県三重県静岡県

* 対応エリア:大阪府京都府奈良県兵庫県滋賀県

* 対応エリア:岡山県広島県山口県

* 対応エリア:愛媛県香川県徳島県高知県

* 対応エリア:福岡県

新着情報

終活・生前整理のご相談承ります。

* 遺品整理や不用品回収のみならず終活・生前整理のご相談も随時承ります。遺品やゴミ屋敷の片付けもお気軽にご相談ください。誠心誠意対応致します
ページ上部へ戻る