ブログ

悲惨な現場!特殊清掃員が語る孤独死の静かな最後

特殊清掃員をご存知でしょうか?世の中には、目を覆いたくなるような事件や事故、自殺などの現場があります。その現場を掃除し、元の状態に戻すプロの清掃員を特殊清掃員と呼んでいます。今回は、孤独死をテーマにその現場を見てきたプロの特殊清掃員にお話を
伺ってみました。
*下記には、人の死に関わる表記、グロテスクや生々しい表現などが記載されています。不快感を覚える可能性があるため、苦手な方は閲覧をお控えください。あくまで、自己責任として御覧ください。

多趣味だった派遣アルバイターIさん(36歳独身)の最後


駅から歩いて10分ほどのワンルームマンション。7階建てであまり日当たりは良くないかんじでしたが、そこに20件くらいの方が住んでいました。Iさんの自宅があるのは5階部分。ご依頼者はIさんのお姉さんでした。ご両親は高齢介護施設にご入所されているとのことで、Iさんとお姉さんはもう何年も会っていないという。Iさんの死因は、孤独死。発見されたのが死後1週間たってからでした。Iさんは、派遣アルバイトで生計をたてており普段から不規則な生活のため発見されるのも遅かったようです。
警察から連絡を受け、駆けつけたお姉さんが久しぶりに対面したのはIさんの変わり果てた姿。ですが、悲しんでいる暇もなく葬儀やマンションの引き払いなど待ってはくれない現実がそこにはあったそうです。Iさんは、一人暮らしのその部屋で何を思い、生活してきたのでしょうか?
6帖の和室と3帖ほどのキッチン、そしてユニットバスという造りのマンションの部屋。一歩足を踏み入れると想像を絶する物量にそこにいる全員が立ち尽くしました。玄関を入るとすぐにキッチンの部屋には、小さなシンクとコンロが右側にあるはず・・・
ですが見えないほどのオーディオスピーカーとコンセント類が壁にかかっています。唯一確認できたのが、2ドア冷蔵庫と業務用冷凍庫。冷蔵庫の中には期限切れの卵、ケチャップやソース、缶ビールなどが入っており、一人暮らしには珍しい業務用冷凍庫にはパンパンに詰められた割引シールの貼ってあるお弁当が重ねて収納されていました。
可愛らしいアニメの絵ののれんをくぐると6帖の和室。そこには人が一人小さく横になるスペースのみ残されており、部屋全体に本や、DVD、ぬいぐるみ、フィギュアなどが飾られていました。決して綺麗に飾られているというわけではないが、Iさんなりの順番があるような配列で積み重なっていました。ぬいぐるみやフィギュアなどは全て箱に入った状態のものと、箱からでた状態のものが同じ種類であります。全てを空っぽの状態にして、原状回復するには相当時間を要する物量なのです。一番奥にベランダがあるはずでしたが、それも見えないほどに積み重ねられたDVD。DVDだけで何千枚、いえ、何万枚という数はありました。Iさんは、自分の大好きな物に囲まれて息を引き取ったのですが、そんなに早く自分がこの世からいなくなるとは思ってもいなかったでしょう。冷凍庫の中のお弁当はきっと、明日も明後日も1週間後も食べれるように買ったものでアルバイトから帰ったら缶ビールをあけ、趣味のDVDを観て生活をしていたように
感じられました。
Iさんの死後、発見されたのが1週間でご遺体は冬ということも相まって幸い腐敗が進んでいない状態だったようですが、密室のマンションの部屋には死臭がただよっており、作業は一刻を争うものでした。まず特殊清掃員3名によって素早く荷物が運び出されました。
運び出された荷物を最後に依頼者であるお姉さんに観てもらい、遺品を持ち帰っていただきます。ですが、孤独死の場合、遺品も全て処分してほしいとの依頼のほうが多いです。なぜなら、遺品にもなんともいえないような死臭がついているケースが多いからです。今回は、Iさんの趣味のものの中にリサイクル販売できる高額のフィギュアなどが含まれていたことと、死後1週間でそこまで死臭が染み付いていないということで、作業料金から買い取り料金が少し差し引かれる形となりました。
このように、特殊清掃後に買い取れる業者と提携している会社であれば、遺品の価値によって買取価格がつけてもらえることもあるので、そのような業者に依頼されることをお勧め致します。ただ、家具類は死臭などが染み付いていることも多いので価値は0でしょう。
家電類も、年式が新しいものはリサイクルできる場合があります。良心的な業者への依頼をお勧め致します。孤独死は、全国で年間10万件を超える件数となっている現代。自分の死後、残された人に少しでも迷惑をかけない最後を送るためにしておきたいことがあるはずです。また、Iさんのように36歳という若さでの孤独死は少ないと思われがちですが現代では高齢の方より30代~50代の孤独死のほうが発見が遅れると言われています。まさか自分の身に起こるとは思っていない孤独死に、少しでも関心を持っていただきたく記事に致しました。

関連記事



*
* 対応エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県

* 対応エリア:愛知県岐阜県

* 対応エリア:大阪府京都府奈良県兵庫県滋賀県

* 対応エリア:岡山県広島県山口県

* 対応エリア:福岡県

新着情報

終活・生前整理のご相談承ります。

* 遺品整理や不用品回収のみならず終活・生前整理のご相談も随時承ります。遺品やゴミ屋敷の片付けもお気軽にご相談ください。誠心誠意対応致します
ページ上部へ戻る