BLOG

ゴミ屋敷をきれいに片付けるコツ


なぜゴミ屋敷になってしまうのか

近頃ワイドショーで頻繁にゴミ屋敷について、報道がされています。広い庭のある一戸建てから賃貸マンションの一室まで、ゴミ屋敷と化した家の惨状が紹介され、あまりのひどさに目を疑い言葉を失うほどです。
毎日ゴミの中でよくも暮らしていけるものだと感じますが、傍からみるとゴミにしか見えないものも住人にとってはゴミではないという認識をしていることが往々にしてあります。特に高齢者に多い特徴として、あらゆるものに価値を見出し、溜め込む傾向が顕著です。
あるいは戦争を経験している人たちにとって、物資は大変貴重で大切なものであり、むやみに捨てることや粗末に扱ってはいけないという思いが、結果として物を捨てられない要因になっているとも思われます。
高齢者夫婦だけの世帯や、高齢者の独居世帯が増えていることも、片付けられずにゴミ屋敷になる理由の一つでしょう。ゴミ屋敷の怖いところは、一度ゴミが増えてしまうと手が付けられなくなり、住人が片付ける気力を失ってしまうことです。こうなるとゴミはどんどん増え続ける悪循環にハマってしまい、解決するのが非常に困難になります。

片付けようと思うきっかけ


近所にゴミ屋敷があることで、良い気分になる人はいないでしょう。
外観の悪さは言わずもがなで、臭いのために窓も開けられない、衛生面でも不安があるなど問題が多々発生してきます。そんなゴミ屋敷の住人が片付けようと思うきっかけは、周辺住民からの苦情が一番多いのではないでしょうか。もしくは、住人そのものに被害が出るようになれば、何とかしたいという思いが生まれるかもしれません。
たとえば、害虫が大量に発生したために自分自身が何らかの損害を被るデメリットが生じれば、一大決心してゴミ屋敷脱却に奮起することも考えられます。賃貸マンションや賃貸住宅に住んでいる場合、大家さんから片付けなければ退去してもらいますと言われたら、片付けるしかありませんが、賃貸マンションをゴミ屋敷化する人は意外にも若い女性が多いと言われています。特に働く女性に多く、食事はコンビニ弁当やレトルト食品ばかりという人が、食べ終えたパック類をそのままにし、着替えはその辺に脱ぎ捨てたまま、疲れて眠る生活を続けている内に、気づけばゴミ屋敷になってしまったというわけです。
仕事に追われ、片付ける時間と気力を失ったため、ゴミ屋敷になっていったケースと思われます。行政が介入して保健所から忠告されることもありますが、再三再四の忠告にも応じない場合は強制的にゴミの撤去に踏み切ります。そうなると、住人と役人とがもみあいになることもあり、ゴミ屋敷の片付けには難しい問題が多いのが実情です。

自力で片付けに取り掛かる


周辺住民からの苦情や我が身への被害から、ついにゴミ屋敷を片付ける決心をしたとしても、自力で片付けるのは非常に難しく、結局は徒労に終わってしまうことが珍しくありません。なぜなら、ゴミ屋敷になった理由は物を捨てられずに残し続けたからで、そうした人に物を処分するということは非常に難しいからです。
そもそも捨てるものはないと考えている人が、片付けに取り掛かったとしても、捨てられるものはほとんどないという気持ちになってしまうことも考えられます。一旦ゴミ屋敷と化してしまったら、自分一人で片付けるのはおそらく不可能と言えるのはこのためです。しかしながらそのままにしておくわけにもいかない状況に追い込まれてしまったときには、何らかの有効な手立てを見つける必要があります。近年、ゴミ屋敷を片付けるプロが登場し、依頼が急増しているのです。以前は馴染みがなかった片付けのプロとはどういうものなのか、大いに興味が湧いてきます。

リサイクル業者に依頼を


ゴミ屋敷を元通りの住まいに戻すためには、その道のプロに何もかも任せるのがコツです。不用品回収のリサイクルも行っている業者に頼めば、家具や家電を引き取ってくれる際、まだ使用できるものがあれば買い取りしてくれるからです。買い取り可能な業者を選ぶことで、不用品回収料金から買い取り代金を差し引いてくれるのでコストの削減にもなります。片付ける途中で貴金属など高価なものが出てきた場合はきちんと残しておいてくれるなど、信頼できる業者をまず探すことが一番大切です。
巨大なゴミ屋敷と化した住宅のゴミの量は相当なものになりますので、片付けに取り掛かる前に状況を見て、前もって見積もりを出してくれる業者が理想的です。見積もりも下調べもなしに始める業者だといくら請求されるかわからないため、注意が必要です。一日で片付けて欲しいと頼めばスタッフを増員するなど、臨機応変な対応をしてくれるかどうかも業者選びの重要なポイントでしょう。

まとめ


ゴミ屋敷となる理由はいくつかありますが、ゴミ屋敷となってしまったら素人が片付けるのは無理といっても過言ではありません。なぜなら、どこに何があるかわからない状態で片付けようとすると、思わぬ大けがを負うことにもなりかねないからです。ゴミをしっかりと片付けてきれいにするには、プロに任せることによって失敗することなく、確実にゴミ屋敷から脱却できる一番の近道と言えそうです。

関連記事


リサイクルジャパンでは故人の遺品整理をご親族に代わって承ります。家電・電化製品をはじめ家具などの家財道具をはじめ様々な不用品回収や処分を承ります。遺品整理や不用品回収をはじめごみ屋敷の片付けや孤独死、事件現場などの特殊清掃のご相談も承ります。遺品整理でお困りの際はお気軽にお問合せください。


東京都神奈川県千葉県埼玉県


愛知県岐阜県三重県静岡県


大阪府京都府兵庫県滋賀県奈良県和歌山県


岡山県広島県山口県鳥取県島根県


愛媛県香川県徳島県高知県


福岡県

*

* * * *

新着情報

終活・生前整理のご相談承ります。

* 遺品整理や不用品回収のみならず終活・生前整理のご相談も随時承ります。遺品やゴミ屋敷の片付けもお気軽にご相談ください。誠心誠意対応致します
ページ上部へ戻る