ブログ

ゴミ屋敷からでるトラブル

ゴミ屋敷ということを一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
ゴミ屋敷の場合は、家の中にゴミがあるのみでなく、玄関がゴミに埋まって家の外にゴミがあふれてしまうような状態になっています。このようなゴミ屋敷の様子はテレビの報道においてもたびたび紹介されていますが、汚いという以外に悪臭やねずみ、害虫が発生するなど多くのトラブルが生じます。
では、ゴミ屋敷からはどのようなトラブルがでるのでしょうか?ここでは、実際にゴミ屋敷からでるトラブルについてご紹介しましょう。

ゴミ屋敷とは?


では、ゴミ屋敷とはどのようなものでしょうか?
ゴミ屋敷というのは、ゴミが部屋の中以外に家全体が一杯になった住居のことです。ゴミ屋敷としては、空き家になってそのままになっているものも中にはあります。しかし、ほとんどの場合はゴミで一杯になった家の中で人が実際に生活をしています。空き家のように実際には見えている場合でも、人がそこで暮らしていたり、一人で亡くなっていたりする場合もあります。そのため、社会問題にゴミ屋敷からでるトラブルはなっています。
ここでは、ゴミ屋敷からでるトラブルの具体的な事例についてご紹介しましょう。

家族とゴミ屋敷のトラブル


ゴミ屋敷に子供や親が住んでいる家がなっており、離れて生活している家族が話をしても言うことをなかなか聞かないようなトラブルが多く発生しています。また、子供や親が一緒に住んでいる場合でも、ゴミで子供の部屋や親の部屋だけが一杯になるようなトラブルもあります。
この場合は、周りの人が見た場合にはゴミということでも、本人としては今度整理をしようと考えていた、あるいは処分することができないものであるなどというようなケースがあります。そのため、「汚いので処分をしなさい」と一方的に言ったとしても聞いてくれません。意地に相手がなるので、さらにゴミは多くなっていき、大きなトラブルに家族の間でもなる場合があります。また、説得に対して子供や親が応じないため、どうしようもなくなって親子が断絶状態に最終的になる場合もあります。

離れて生活している家族の不安


家族が離れて生活している場合は、周りの人に対してゴミ屋敷になって迷惑をかけているのではないかと不安になるような場合があります。
また、きちんと食事は摂っているのだろうか、環境が汚くなっているため病気になっているのではないか、などというような不安も持つようになります。ゴミ屋敷からでるトラブルは、家族の間であるにも関わらず、どうしようもないことが深刻な問題と言えるでしょう。
ごみ屋敷になる原因とゴミ屋敷にしてしまう人の傾向

近くの人とゴミ屋敷のトラブル


ゴミ屋敷の場合に、トラブルが最も多いのは迷惑を近くの人にかけることでしょう。
近くの人とゴミ屋敷のトラブルは、悪臭がでることです。ゴミ屋敷の最も大きなトラブルは悪臭がでることです。ゴミ屋敷の中には、弁当の残りものや生ゴミ、飲み残した空き缶などがあるため、腐食して悪臭がでるようになります。特に、暑い夏のようなシーズンは窓を開放したいにも関わらず、ゴミ屋敷からでる酷い悪臭があるため窓を開放することができないというようなことが起きます。近くの人とゴミ屋敷のトラブルは、ねずみや害虫などが発生することです。生ごみをそのままにするので、ゴキブリなどの害虫が発生します。
また、ゴミで家の中は一杯になっているので、風通しが悪くなってダニが発生します。
しかも、カビが発生する場合もあります。一方、野良猫やねずみなどは、生ゴミをエサにしているためゴミ屋敷に住むようになります。
また、このような動物の糞から悪臭がさらにでるようになって、悪循環が継続します。ゴミ屋敷でゴキブリや野良猫、ねずみなどが発生して、近くの家に侵入する場合もあるので、トラブルになってきます。近くの人とゴミ屋敷のトラブルは、道路にゴミがあふれて通れないことです。ゴミ屋敷の場合には、ゴミが家の中のみにある場合と、ゴミが家の外にまであふれる場合の2つがあります。家の外にまでゴミがあふれると、道路を塞ぐため周りの人が通るのを妨害するようになります。

例えば、ゴミを自転車・歩行者・自動車が避けながら通る必要があり、接触事故になる恐れがあるため非常に危なくなります。
近くの人とゴミ屋敷のトラブルは、ゴミがあふれて隣の家にこぼれることです。実際のケースとしては、2階のベランダや窓からゴミがあふれて隣の家の敷地内に落ちたり、隣の家の敷地内に塀を越えて入ったりするなどの場合があります。
また、隣の家の人は、ゴミがいつ崩れてくるかもしれないという心配をしながら暮らすようになります。近くの人とゴミ屋敷のトラブルは、火災の要因になることです。ゴミ屋敷の場合は、家の中によく燃えるものが散らかっています。そのため、ゴミにタバコの火や調理の火が引火する恐れがあり、火災が起きる要因になります。また、家の外にも古い新聞やダンボール箱などが山積みされています。このような状態であれば、放火犯によく狙われるというようなトラブルがあり、近くの人が心配するようになってきます。

行政とゴミ屋敷のトラブル

苦情を近くの人が言った場合でも、なかなかゴミ屋敷のトラブルは解消しません。「なんとか行政で解消して欲しい」と考えても、非常に困難な問題が実際にはあります。では、ゴミ屋敷の住人に対して行政はどうして注意を強くできないのでしょうか?ゴミ屋敷の場合は、個人が暮らしている家の中の問題になります。そのため、「行政が個人の財産に関与することができない」「行政が個人の問題に口出しできない」というようなことから、なかなか行政は行動してくれません。
また、一個人のために、市民が納税しているお金を使用することに問題があることもあるようです。確かに、基本的には、ゴミ屋敷の住人がゴミを自治体のゴミを回収する日に出したり、粗大ゴミを回収することを自分のお金で申し込んだりする必要があります。行政がこのようなことを代わりに行うのは、正当な道理ではないと言えます。しかし、迷惑が周りの住民に対してかかったり、感染症にねずみや害虫などが要因になって流行ったりするなどは、やはり避ける必要があります。そのため、命令してゴミを処分させるようにする、名前を公表する、罰金を課す、などを条例で決めている自治体も中にはあります。しかし、すぐにゴミ屋敷は片付けることができません。
一方的に行政が命令をしても、「迷惑は誰にもかけていない」「自分の勝手である」「全てゴミではなく必要なものである」などと言うようように、ゴミ屋敷の住民としては言い張ります。ゴミを無理やり処分しようとすれば、交渉が難しくなり、さらに反発します。
時間をかけてゴミ屋敷のトラブルは解消する必要があります。テレビでもよく報道されていますが、ゴミを強引に処分させると逆効果になります。「ゴミをどうして処分することができないか」「どれが必要なものであるか」など、時間をかけてゴミ屋敷の住人が言うことを聞いて、迷惑を周りの人にかけている、本人の生活環境や健康に良くない、というようなことを丁寧に説明することが必要です。

まとめ

ゴミ屋敷からは、ここでご紹介したようなトラブルがでます。
もし、近くのゴミ屋敷からでるトラブルで困っている場合は、一緒に行政とも相談しながら取り組むようにしましょう。
ゴミ屋敷の料金・費用は?行政と業者との違い
業者にゴミ屋敷の不用品回収を依頼する前のチェック

関連記事



*
* 対応エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県

* 対応エリア:愛知県岐阜県

* 対応エリア:大阪府京都府奈良県兵庫県滋賀県

* 対応エリア:岡山県広島県山口県

* 対応エリア:福岡県

新着情報

終活・生前整理のご相談承ります。

* 遺品整理や不用品回収のみならず終活・生前整理のご相談も随時承ります。遺品やゴミ屋敷の片付けもお気軽にご相談ください。誠心誠意対応致します
ページ上部へ戻る