ブログ

産業廃棄物について

産業廃棄物について

◇産業廃棄物を処分するには◇

産業廃棄物を処分するには市町村とうでは処分してはもらえません。
排出事業者が自らの責任において、適正に処理するか出来ない場合は、産業廃棄物処理業者に委託する必要があります。
産業廃棄物の処理は3つの過程からなります。『収集運搬』『中間処理』『最終処分』からなっています。
『収集運搬』とは、産業廃棄物を排出事業所から中間処理施設や最終処分場などへ運ぶことを収集運搬といいます。
また、『中間処理』とは、産業廃棄物を破砕して容量を減量したり、有害な廃棄物を無害化するなどの最終処分前の処理のことを中間処理といいます。
『最終処分』はリサイクルすることができない産業廃棄物を減溶化し、最終処分場に埋め立てることを「最終処分」といいます。

産業廃棄物とはなんでしょう

産業廃棄物は一般的には工業や製造業、建設業など全ての業種での事業活動をすることによって生じる廃棄物のことを指します。
一般のゴミとは違い、あまり身近に感じないものですが、以外と知らないだけで生活上関わっているのです。
では、一体どんな物が身近にあるのでしょうか?
風邪はごで病院へ行った時に注射などの治療されることがあるかと思いますが、この使用済みの注射器は産業廃棄物になります。
又、日々使用いしているスーパーなどで食品などを購入しますが、店頭に並ぶ前の加工の際に出るものもそれにあたります。
こうやってみると本当に身近にあることだ良くわかります。

◇産業廃棄物を委託する際の注意事項◇

処理を依頼する際に業者の施設に問題があるとトラブルになります。きとんと所在地が明確であることが重要となります。
そこには、産業廃棄物を処理する能力も伴ってきます。処理能力が明確でないと不法投棄などトラブルの原因となり、依頼した事業主様も罪になり罰せられてしまいます。
またその際にどうのようにして産業廃棄物を処理するかも大きな注目点になります。
同様に、最終処理にも同じようなことが言えるでしょう。
費用を支払い、委託業者に依頼しても信頼できる業者でないと責任が課せられてしまいますので、ご依頼の際はよく検討することをお勧めいたします。

◇産業廃棄物のリサイクル◇

リサイクルとは、簡単に新らたに製品を再生し再使用することを言います。
リサイクルの種類には廃棄物の種類によって制度が決められたいますが、身近な所ですと、
『家電リサイクル法』などが、ございます。
その他、ペットボトルやカン、ビン、プラスチックなど様々なものが分別回収され、リサイクルされていますね。最近では定着し当たり前のようになってきました。
以前は新聞紙など紙類だけでしたが、この様に時代の変化にも対応していかなければいけないのが現実です。
今後も、コストや環境などの観点からリサイクル制度の改善や見直しを常に検討しなければなりません。

関連記事



* 対応エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県

* 対応エリア:愛知県岐阜県

* 対応エリア:大阪府京都府奈良県兵庫県滋賀県

* 対応エリア:岡山県広島県山口県

* 対応エリア:福岡県

主な買取商品一覧



ページ上部へ戻る