ブログ

産業廃棄物が不法投棄されないために

産業廃棄物が不法投棄されないために

時折ニュースなどで話題となる、産業廃棄物の不法投棄。
そもそも産業廃棄物とは、事業活動に伴って排出された不要物を差します。
たとえば建設業者からでる木くずや、印刷業者からでる紙くず、食品業者からでる植物・動物の不要物などがそうです。
その中には爆発や毒性、感染性のあるものといった、人に危害をもたらす可能性のあるものも含まれます。
一般的な家庭ごみは市区町村が処分するのに対して、産業廃棄物は産業廃棄物処理事業者に依頼して処理することとなります。
ですがこの処分には当然ながらそれなりの金額がかかるため、経費を安くすませようとするあまり、適当な業者に依頼するとしましょう。
そうするとその業者は、処分契約を結び代金をうけとり、処分をせずに山林や河川敷きなどに不法に投棄するという事態がおきるのです。
これが不法投棄とよばれるもので、後々の自然破壊のほか有害物質が流出して周辺の人間を含めた環境に多大な被害をもたらしてしまいます。
これは一般的な家庭ごみにおいても同じようなことがいえます。
通常の回収以外に特別な費用などが発生する粗大ごみや電化製品などを処分しようとする場合。
市区町村に申し込めば費用が発生します。
これを安くすませようとして、適当な無料回収や、破格に安い業者に依頼することにより、のちのち不法投棄されるというケースです。
こういた場合、どちらもその依頼者に責任が問われるという事態も起こり得ます。
また不法投棄されずとも、当初のうたい文句とは違って、多大な費用を後から請求されたりするということも起きています。
産業廃棄物であれ、家庭からのゴミであれ、いずれも安いからといって適当な業者に依頼すると無許可な業者のことがあり、後々様々なトラブルが起きてくることが想像されます。
それぞれ事業ゴミは許可をうけている産業廃棄物処理事業者に、また家庭からのゴミは一般廃棄物収集運搬事業許可をうけた正規の業者に依頼することが必要です。

関連記事



* 対応エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県

* 対応エリア:愛知県岐阜県

* 対応エリア:大阪府京都府奈良県兵庫県滋賀県

* 対応エリア:岡山県広島県山口県

* 対応エリア:福岡県

主な買取商品一覧



ページ上部へ戻る