ブログ

効率的にWEBで集客するなら知っててほしい○○な事

ウェブ集客

効果的にWEBで集客するならどうしても必要になってくるのはWEBマーケティングですよね。インターネットを使って副業・起業する方は独自のWEBマーケティング方法を構築していると思います。ですが「他社はどうしてるんだろう?」と思われることも少なくないと思います。・・・私も本当に知りたいです!はい!そう思いながら探していて個人的に面白かった・役にたったサービスをまとめてみました。

自分の立ち位置を明確にするためにGoogle アナリティクス

はじめにWEBで一番大切なのは自分のサイトが「今どのような状況なのか」「どのような集客ができているのか」を確認することからスタートだと考えています。Google アナリティクスはみなさんもご存じの通りそんな問題を解決してくれる解析ソフト。数多くの人がとてもいいまとめを作成してくれいます。いくつかおすすめ記事を紹介させてもらいます。

アクセスが集中する時間や傾向を確認

・ソーシャルメディアのアクセスする時間帯を意識なら知っていてほしいサービス

http://www.xefer.com/twitter/
海外サイトxeferの1プロジェクト。twitter IDを記入して[GET DATA]ボタンをクリックすると、今までつぶやいてきた時間帯と曜日の 相関チャートを表示してくれる。つまりその人は何曜日の何時頃にtwitterに入り浸っている傾向があるのかがわかる。

どのような話題(ネタ)が人気があるのか調査

ブロガーのみなさんでは当たり前のサイトです。マーケティングに役に立つか謎ですが念のためご紹介を!

ネタフル http://netafull.net/

月間120万PV超を誇る「ネタフル」は、インターネットの最新動向からiPodやゲーム等のデジタルガジェット、芸能ニュース、ライフスタイル、子育てまで、広範な話題を網羅するニュースフィルター型ブログ


FBLkit(エフビーエルキット)
24時間についた「いいね!」数のランキングです。 Facebookユーザーが評価した話題のページ


TOPSY
Twitterを中心とするリアルタイム性の高いメディアに特化して検索を行うことができる。


ソーシャルメディアで自分の影響力を知る

Klout(クラウト)
ソーシャルメディア上におけるある人、またある組織の影響力を測る指標としてKlout(クラウト)というものがあります。 自分がソーシャルメディアでどのような存在なのかを客観的に知るための一つの指標としてお使いください。Klout(クラウト)は自分のスコアだけでなくソーシャルメディア上で活動のヒントが得られます。

ネット広告における費用対効果の計算式

ウェブマーケティングで使えるネット広告における費用体効果の計算式をまとめてみました。ウェブマーケティングはデータの分析が命です。忘れてしまった際の保存用としてアクセスログと合わせて活用してください。
■CPA(Cost Per Action)
CPAはCost Per Actionの略です。日本語では顧客獲得単価。顧客を一人獲得するために必要なコストを計算したものです。し10万円かけてウェブ広告費をし会員登録を募集したとします。その際に登録した顧客が20人だったとしたらCPAは5000円となります。計算される数字が小さければ小さいほどCPA効果があうと考えられます。

広告費÷顧客数=CPA(顧客獲得単価) 

■CPC (Cost Per Click)

CPCはCost Per Clickの略です。日本語ではクリックあたりの単価ということになります。広告費に10万円かけてウェブ広告をしアクセスログでプロモーション因数で効果測定した際、100がクリックしたとします。この際のCPCは1000円としたことになります。これがクリックに対する費用対効果の考えです。

広告費÷クリック数=CPC(クリックあたりの効果)

■CPI(Cost Per Inquiry)

CPIはCost Per Inquiryの略で資料請求発生単価となります。顧客が資料請求するまでにかかったコストです。資料を送付する際は成約するまで持ち込めるか否か追跡できるようにしておくと、資料請求→資料効果→成約の順に分析できます。

広告費÷資料請求数=CPI(資料請求発生単価

■CPM(Cost Per Mil)

CPMはCost Per Milの略です。Milは「1000」を意味するラテン語「Mille」を表しています。よって1000回広告が表示されるための単価ということになります。一回の出稿料金が10万円のメールマガジンの読者が5万人いたとしましょう。そうすると次ページ上の計算式を当てはめると、CPMは2000円ということになります。1000人に広告が表示されるには2000円のコストが必要という計算です。

一回の広告料÷アクセス数×1000=CPM(1000回広告が表示されるための単価)

■CTR(Click Through Rate)

CTRはClick Through Rateの略です。ネット広告を出稿したページにおいて、出稿した広告の表示回数を示すインプレション数内、何回広告がクリックされたか否かを示す割合を示しています。CTR指数が高ければ高いほど、効果のあった広告だといえます。一般的にメール広告、テキスト広告がCTR指数が高い広告と言えます。

インプレッション数÷クリック数=CTR指標

■CVR(Conversion Rate)

CVRはConversion Rateの略でコンバージョン率、コンバージョン・レートと呼ばれています。広告を出稿してどれだけリターンが広告を出稿してどれだけリターンが広告費に対してあったか計算します。広告をクリックしたユーザーが実際に顧客になり割合をいいます。例えば、ある商品の広告を投稿した場合、その広告が3000回クリックされたとします。そのうち20名が購入した場合、CRVは1.5%となります。広告費に対して購入による利益がどれだけあったかも計算できます。

広告クリック数費÷購入者数=CRV(コンバージョン率)

先輩方の教訓をご紹介!

今回のマーケティングについて少し紹介させて頂きましたが、「マーケティング=分析」過去の分析からできた教訓「ビジネスで使える教訓」をまとめてみました!一度みて頂ければ幸いです

・ビジネスの法則10選

関連記事



* 対応エリア:東京都神奈川県千葉県埼玉県

* 対応エリア:愛知県岐阜県

* 対応エリア:大阪府京都府奈良県兵庫県滋賀県

* 対応エリア:岡山県広島県山口県

* 対応エリア:福岡県

主な買取商品一覧



ページ上部へ戻る