ブログ

居抜き物件として売却できない時は弊社におまかせください

厨房機器の売却を希望される方には、それぞれいろいろな事情があります。居抜き物件として譲渡したほうがお得だとわかっている場合でも、それができず困り果てて弊社に相談される方も少なくありません。移転ではなく閉店の場合、店内の厨房機器がすべて不用になります。このような場合は、居抜き物件として売却されたほうがお得になります。内装や必要な機器と物件をまとめて売却することで、通常価格よりかなり価格を上乗せすることができるからです。
居抜き物件として売却すれば、店内にある機器などを処分する必要はありません。そのまま譲渡することができるわけですから、価格面や手間を考えても居抜き物件として売却したほうがいいでしょう。ところが、それにもかかわらず居抜き物件として売却できないこともあります。もし、物件ごと売却したくてもできずお困りの時は弊社の買取をご利用ください。厨房機器のプロとして、できうる限り高く査定できるように努めさせていただきます。

関連記事





ページ上部へ戻る